1. ダイエットレスキュー
  2. 食品餃子スープのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

餃子スープのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

餃子スープ

中華料理の中で餃子が一番好きという人、多いのではないでしょうか。そんな餃子をスープに入れてしまった餃子スープ。焼き餃子の油っこさがつらいときになどに、さっぱりとした味わいで餃子を楽しむことができると評判です。「でもちょっとカロリーが高そう…」そう思って躊躇している人も多いかもしれません。

ここではそんな餃子スープのカロリーや糖質を紹介して、ダイエット中に食べていいのかどうかについて説明します。

餃子スープのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、餃子スープのカロリーについて見ていきましょう。餃子はカロリーがやや高めですが、スープにするとどうなるのでしょう。

種類カロリー(100gあたり)
餃子スープ75kcal
たまごスープ29kcal
酸辣湯31kcal

餃子スープだけですと、カロリーが高いのか低いのか判断が難しいため、中華料理で人気のあるたまごスープと酸辣湯と比較してみました。餃子スープは、どちらのスープと比較してもカロリーが高めです。具材に餃子が入っていますので、やはり普通のスープよりも高カロリーです。

とはいえ1食分が200gだとしても、150kcalにしかなりません。これくらいなら、それほど気にする必要はありません。カロリーを少しでも減らしたいのであれば、餃子スープを主食代わりにしておかずと組み合わせれば、カロリーオーバーにならずに、お腹いっぱい食べることができます。

餃子スープの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

餃子スープはややカロリーが高めでしたが、糖質制限で考えたときにはどうなのでしょう。カロリーと同じように糖質も高めなのでしょうか。

種類糖質(100gあたり)
餃子スープ7.5g
たまごスープ1.1g
酸辣湯2.2g

餃子スープ100gに含まれる糖質量は7.5gです。それほど多くはありませんが、少ないわけでもありません。1食分を200gで考えると15gの糖質を摂取することになります。スタンダードな糖質制限であれば、摂取していい糖質量は1食で40gです。餃子スープを飲むと残り25gしか糖質を摂れません。

肉中心の料理にすると問題ありませんが、バランスよく食材を選ぶと、糖質量を25gに抑えた料理というのはそれほど多くはありません。糖質制限中の餃子スープは避けておいたほうが無難です。たまになら飲んでも構いませんが、あまり頻繁には飲まないようにしてください。

餃子スープの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく脂質も気になりますよね。餃子スープの脂質も見ておきましょう。

種類脂質(100gあたり)
餃子スープ3.8g
たまごスープ1.4g
酸辣湯1.1g

100gの餃子スープに含まれる脂質は3.8gです。これもたまごスープや酸辣湯と比べると高めです。やはり餃子分だけどうしてもカロリーも糖質も脂質も高くなってしまいます。1食分で7.6gの脂質ですが、女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、それと比較しても脂質が少ないとは言えません。

とはいえ、脂質は減らせばいいというものではありません。脂質を減らしすぎると肌のトラブルに繋がる可能性があります。これくらいの脂質ならむしろ積極的に摂っておきたいところです。他の料理の脂質量にもよりますが、餃子スープ単体で考えれば問題ありません。脂質制限をしているのであれば、上手に餃子スープを活用しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.