1. ダイエットレスキュー
  2. 食品イカのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

イカのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

イカ

イカ焼きにイカめし、寿司に塩辛、パスタ、イカそうめん、スルメなどなど。とにかくイカを使った料理は種類が多く羅列していけばキリがありません。それもそのはずで、日本は世界で最もイカを消費している国なのです。

今回は日本人が大好きなイカのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

イカのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

イカと一口に言っても、世界単位で見れば400種類以上も存在しています。さすがに全てを紹介するのは無理ですので、今回は日本でよく食用にされる種類をいくつか表にしてみましょう。

イカの種類カロリー(100gあたり)
スルメイカ88kcal
ケンサキイカ84kcal
ヤリイカ85kcal
コウイカ66kcal

このうち、日本で最も多く消費されるのはスルメイカですので、どの種類のイカか分からない時はスルメイカの数字を参考にするといいでしょう。上記の表だと最もカロリーが高くなっているものの、食品全体で見れば100gあたり88kcalは十分に低い数字であり、イカ焼きなどシンプルな料理であればダイエット中でも気兼ねなく食べることができます。

表の中で最もカロリーの低いコウイカは寿司ネタでよく見られますね。回転ずしなどを訪れた際、複数種類のイカが回っていると思われますので、特にこだわりが無ければコウイカを選択すると少しだけ摂取カロリーが下げられます。

カロリー制限中に食べる時の注意点としては、イカのリングフライや天ぷらなど揚げ物系だとカロリーが高くなることでしょうか。油の使用量によってはカロリーが元の2~3倍程度になることもあります。

また、スルメは水分量が下がることから重さに対するカロリーが高く、100gあたりだと334kcalもあります。通常量なら問題ないと思われますが、お酒とセットで食べ過ぎればカロリーオーバーの原因となるでしょう。

イカの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にイカの糖質を見ていきましょう。

イカの種類糖質(100gあたり)
スルメイカ0.2g
ケンサキイカ0.1g
ヤリイカ0.4g
コウイカ0.1g

ややバラつきがあるものの、イカはおおむね100gあたり0.5g以下の糖質量です。対して、スタンダード糖質制限の1食分が糖質40gまでですから、イカ焼きなどシンプルな料理であれば糖質的にも問題ないと言えるでしょう。

何かと摂取できる食品の限られる糖質制限中でもお腹いっぱい食べられますし、イカにはビタミンEやタウリンなどが豊富に含まれます。

注意すべき料理としてはパスタが有名で、あれは1人前で60g前後の糖質が含まれます。イカスミパスタなどイカを使ったパスタは美味しいものが多いのですが、糖質制限中はグッと我慢しておきましょう。

イカの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にイカの脂質を見ていきましょう。

イカの種類脂質(100gあたり)
スルメイカ1.2g
ケンサキイカ1.0g
ヤリイカ1.0g
コウイカ0.3g

脂質もバラツキのある数字ですが、100gあたり1g前後ですので、糖質と同じく低めと言えるでしょう。リングフライやバター焼きなどを避けておけば、1食分目安である16~20gを超えることも少ないと思われます。

寿司やイカそうめん、スルメ、塩辛などなど。脂質が低いままいただける料理はたくさんありますから、いろいろと模索してみてください。

イカはよく噛んで食べよう

ポイントを教える女性

イカは歯ごたえのある食品ですので、よく噛んで食べるようにしてください。以外にも消化率は魚類と変わりませんが、噛む回数が少ないとやはり消化によくありませんし、何よりも食べ過ぎの原因になります。

噛む回数が増えることで満腹中枢が刺激されるため、いつもより少ない食事量でも満足できると言われますから、イカをよく噛んでその効果を試してみてください。

また、スルメは噛めば噛むほど味が出て美味しい食品です。これをあまり噛まずに飲んでしまうのは、単純にもったいないです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.