1. ダイエットレスキュー
  2. 食品魚肉ソーセージのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

魚肉ソーセージのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージは魚のすり身から作るソーセージのことで、ぎょにそと略されます。形はソーセージに瓜二つですが、実際に食べてみると豚肉などから作るソーセージとは味も食感も違うため、ソーセージの代用品として使用することは少ないかもしれません。

今回はそんな魚肉ソーセージのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

魚肉ソーセージのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは魚肉ソーセージのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
魚肉ソーセージ161kcal
ソーセージ298kcal

今回は分かりやすいように魚肉ソーセージと一般的なソーセージを比較してみました。上記の表から分かるように、魚肉ソーセージは一般的なソーセージの半分程度しかカロリーを含みません。

冒頭で話したように代用品として使用するのは難しいですが、魚肉ソーセージにも炒め物やサラダなど様々なレパートリーがありますから、カロリー摂取量を抑えるためにもうまく活用してください。サッと醤油などで照り焼きにすると、ややソーセージらしくなるかもしれません。

とはいえ、100gあたり161kcalは極端に低い数字ではありません。一般的なソーセージより低カロリーだからと食べ過ぎてしまえば、カロリーオーバーの原因になる可能性は十分にあります。

ちなみに、魚肉ソーセージ1本のサイズは商品によって異なりますが、おおむね100g前後だと思われます。つまり、魚肉ソーセージ1本で160kcalくらいだと考えてください。

魚肉ソーセージの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に魚肉ソーセージの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
魚肉ソーセージ12.6g
ソーセージ6.2g

魚肉ソーセージは低糖質で有名な魚類を原材料とすることから、糖質が低い食品と思われがちですが、実際は100gあたり12.6gもあるため、100gあたりの糖質が1g以下の魚類と同じ感覚で食してしまうと非常に危険です。

何故、魚類が原材料にも関わらず12.6gもの糖質が発生するかと言えば、これは加工段階で澱粉や砂糖を用いることがあるからでしょう。同じ理屈で、原材料が魚類の割にはカマボコなどの練り物系も意外と糖質が高いです。

1日1本程度なら問題ないと思いますが、とにかく低糖質だと思っていた方は認識を改めてください。ちなみに、普通のソーセージは魚肉ソーセージの半分程度しか糖質を含みません。つまり、糖質制限的には普通のソーセージの方が優秀ということになります。

魚肉ソーセージの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に魚肉ソーセージの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
魚肉ソーセージ7.2g
ソーセージ24.7g

一般的なソーセージと比較すると、圧倒的な差があります。その数字は魚肉ソーセージの3倍以上であり、100gで1食分の脂質摂取目安を超えてしまいます。

そのため、脂質を制限している方は一般的なソーセージを我慢し、魚肉ソーセージを使った料理に切り替えるべきでしょう。魚肉ソーセージなら2本ほど食べても成人女性の1食分である脂質16g以下です。

とはいえ、揚げ物や炒め物で油を多めに使うと危険です。出来るだけ、サラダなどヘルシーな料理を心がけてください。

挽肉を魚肉ソーセージで代用しよう

ポイントを教える女性

ハンバーグや餃子、シュウマイなど多くの料理に使用する挽肉ですが、100gあたりのカロリーが220kcal以上あるうえ、脂質も15g前後と高い数字です。そこで、挽肉の代用品として魚肉ソーセージを使ってみてはどうでしょうか。

魚肉ソーセージは柔らかいため、細かく切ってしまえばミンチにするのも意外と楽です。ハンバーグやシュウマイなど様々な料理のレシピがネット上に掲載されていますので、ダイエット中の方はぜひチャレンジしてみてください。ただ、糖質だけは高くなってしまうため、糖質制限中の方にはおすすめできません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.