1. ダイエットレスキュー
  2. 食品鮎のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

鮎のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

鮎

鮎は川釣りで有名な魚類。出回る時期が限られることから、アジやマグロなどの魚類に比べて食べる機会は少ないものの、その塩焼きは絶品であり、主に串に刺した状態から直火で調理されます。なお、寄生虫の問題から生食はおすすめされていません。

今回はそんな鮎のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

鮎のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは鮎のカロリーから見ていきましょう。

  • 鮎のカロリー:152kcal/100gあたり

マグロやシャケなどの代表的な魚類に比べるとやや高カロリーなものの、極端な数字ではありませんし、肉類と比べれば低カロリーな部類ですから、食べ方と量にさえ注意すればダイエット中でも口にできるでしょう。

おすすめの食べ方は塩焼きで、これなら鮎のカロリーそのままにいただけます。鮎はサイズが大きめで1尾の可食部が150g程度ありますが、塩焼きなら228kcal程度。ここにご飯をプラスしても500kcal前後で収まります。

逆におすすめできないのが、天ぷらや唐揚げ、甘露煮などカロリーが高くなりやすい料理です。特に揚げ物は油の影響で2倍以上のカロリー量になることもあり、カロリー制限中は大変危険です。

鮎の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に鮎の糖質を見ていきましょう。

  • 鮎の糖質:0.6g/100gあたり

実は糖質もマグロやシャケなどに比べてやや高めなのですが、それでも0.6g程度ですから全く問題はありません。糖質が低いことで有名な肉類と同じ感覚で食べられるでしょう。

塩が糖質をほぼ含まないことから塩焼きなら糖質が増えることもありませんし、2本3本と食べても大丈夫ですよ。ただ、甘露煮には警戒が必要で、砂糖とみりんの使用量によっては1人前で糖質が10~20g前後になることもあります。

もちろん、スタンダード糖質制限の目安が1食あたり糖質40gですから、20g前後の糖質でも食べられないことはありません。ただ、他のおかずのことも考えると、出来れば塩焼きなどシンプルな料理の方が良いとは思います。

鮎の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に鮎の脂質を見ていきましょう。

  • 鮎の脂質:7.9g/100gあたり

鮎の脂質はやや高めで1尾の可食部が150gだとすれば、1尾で11.9gほどの脂質を摂取することになります。ここにご飯程度の組み合わせなら、1食分である16~20gを超えることは無いと思われますが、豚汁などが加わるとアウトの可能性が出てきますね。

また、天ぷらや唐揚げなどの揚げ物だと脂質が2倍以上になることも珍しくありません。カロリーや脂質を制限している方は、揚げ物を出来るだけ避けましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.