1. ダイエットレスキュー
  2. 食品柿の種のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

柿の種のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

柿の種

柿の種はもち米やうるち米から作るお菓子のことです。ほとんどの方はご存知だと思いますが、名前こそ柿の種とついているものの、あれは形が似ているからであり、果物の柿とは関係ありません。日本だけでなく海外でも販売されており、2017年にはJAXAの宇宙食にも認定されました。

今回はそんな柿の種のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

柿の種のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは柿の種のカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
柿の種387kcal
ピーナッツ562kcal

柿の種と言えばピーナッツと混ざった商品がほとんどですが、今回は分かりやすいように柿の種のみのカロリーとピーナッツのカロリーで分けてみました。つまり、上記の表で言う柿の種はピーナッツを含みません。

実際にピーナッツを含んだ商品については100gあたり470kcalほどあり、柿の種には5割程度のピーナッツが含まれると分かります。

そのため、ダイエット的に考えるならピーナッツを含まない柿の種の方が良質です。単純にカロリーが低いのもありますが、後で詳しく解説する脂質も低いため、確実に混合品よりヘルシーです。

とはいえ、柿の種だけの商品も極端にカロリーが低いわけではありません。というよりも、お菓子類らしくやや高めのカロリー量と言って差し支えないでしょう。

大きめの袋だと130gも入っているため、まるまる食べれば500kcal以上も摂取することになります。これは、成人女性の1食分である600kcal前後に近い数字です。しかし、柿の種1袋でさすがに1食分の満足度はありません。

おやつのカロリーは100kcal以下が理想とされますし、食べるにしても20~25g程度にしておきましょう。

柿の種の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に柿の種の糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
柿の種87.3g
ピーナッツ11.4g

糖質については柿の種のみの商品の方が圧倒的に高く、100gあたり87.3gもの糖質が含まれます。もはや、糖質の塊と言っても間違ってはいないでしょう。

ここまで糖質が高い理由については、冒頭で話したように柿の種がもち米やうるち米などから作られるためです。米類の糖質が高いのは糖質制限中の方ならご存知でしょう。糖質制限中の白米は基本的に禁止と言われています。

そのため、柿の種も糖質制限中なら出来るだけ食べない方がいいです。ピーナッツを含んだものなら多少は糖質が下がるものの、それでも100gあたり50g以上はあります。1袋が30gだとしても、糖質は15g前後です。

柿の種の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に柿の種の脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
柿の種1.4g
ピーナッツ47.5g

米類を原材料とすることから柿の種は脂質をほとんど含みませんが、ピーナッツは非常に高脂質で重さの半分くらいは脂質で出来ています。要は、糖質とは逆の状況で、ピーナッツの量が増えるほどに脂質は高くなります。

つまり、柿の種だけで食べれば脂質摂取量は特に気にせずとも大丈夫です。柿の種と言えばピーナッツがつきものですが、ピーナッツがなければカロリー制限にもなりますし、時には柿の種単品の商品を購入してみてはどうでしょうか。

チョココーティングの商品は高カロリー

ポイントを教える女性

最近は柿の種をチョコレートでコーティングした商品が人気で、既にいくつかのメーカーが商品展開をしています。しかし、チョコレートでコーティングされた柿の種はカロリーが高く、ピーナッツを含まないにも関わらず100gあたり500kcalを超えるものもあります。

また、チョコレートの脂質が高いことから、脂質も20g以上含むことが多いです。つまり、チョコレートの柿の種はダイエット的にみると食べにくい商品ということになります。もちろん、糖質も高めのままですし、出来るだけチョコレートコーティングのものは避けた方がいいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.