1. ダイエットレスキュー
  2. 食品エイヒレのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

エイヒレのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

エイヒレ

エイヒレはエイのヒレを乾燥させた食品であり、スルメや鮭とばのようにおつまみとして食べられることが多いです。味を付けずに食べても美味しい一品ですが、少量の醤油やマヨネーズとセットで登場するのが定番でしょう。

今回はそんなエイヒレのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

エイヒレのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

エイヒレのカロリーや糖質についてですが、実は日本食品標準成分表に掲載が無いため、正確な数字は分かりません。ただ、市販の商品を参考にすると、エイヒレは以下のようなカロリー量と予想されます。

種類カロリー(100gあたり)
エイヒレ307kcal
スルメ334kcal
鮭とば330kcal

他の乾燥魚介類と同じくらいのカロリー量ですし、実際の数字と極端に離れていることはないでしょう。ただ、市販品の場合は砂糖などが添加されているため、味付けなしの状態だと少しだけカロリーが低くなるかもしれません。

スルメなどにも言えることですが、100gあたりのカロリー量でみると肉類に匹敵しており、非常に高く感じるものの、実際にエイヒレを100gも食べることはありませんから、実はそこまで高カロリーとも言えません。

実際、市販品だと1袋でも30g程度ですから、まるまる食べても100kcal以内で収まります。100kcal以内なら、カロリー制限中の間食としても許容範囲と言えるでしょう。

ただ、ここにマヨネーズや醤油による味付けがプラスされると、おそらく100kcalを超えてしまいます。特にマヨネーズが大さじ1杯で80kcal前後ありますから、出来るだけ使用を避けるようにしてください。

エイヒレの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にエイヒレの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
エイヒレ10.6g
スルメ0.4g
鮭とば1.5g

市販の商品を参考にするとエイヒレは10.6gほどの糖質を含むようですが、これは砂糖を添加しているためでしょう。原材料であるエイは100gあたり0.1gしか糖質を含みませんから、砂糖などの添加が無ければ糖質1g以下もありえると思われます。

ただ、残念なことに市販品は意外と味付けをしてあることが多いです。パッケージ商品であれば成分表が書かれているはずですので、購入前に炭水化物の項目を確認しましょう。

とはいえ、先ほども言ったように1袋なら30g程度ですから、糖質も実際に摂取する量は3~4g程度です。スタンダード糖質制限中でも糖質5g以下なら間食OKと言われていますので、一般的な摂取量なら特に問題はないでしょう。糖質的にはマヨネーズもOKです。

エイヒレの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にエイヒレの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
エイヒレ0.1g
スルメ4.3g
鮭とば7.4g

エイが100gあたり脂質0.3gです。つまり、エイヒレの脂質が100gあたり0.1gでもそうおかしくはないでしょう。商品によってはもう少し高くなるかもしれませんが、それでも5gを超えることは無いと思われます。

ただし、マヨネーズは使い過ぎないようにしてください。あれは100gあたり75g以上の脂質を含む、いわば脂質の塊のような調味料です。醤油に関しては脂質をほぼ含まず安心して利用できるでしょう。

エイヒレを食べる時の注意点

ポイントを教える女性

エイヒレをダイエット中に食べるなら、とにかくマヨネーズの使い過ぎに気を付けてください。既に話したように、あれはカロリーと脂質が非常に高い調味料です。

また、よく噛むことを意識するとダイエット効果が高まるかもしれません。というのも、噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されるため、少量のエイヒレでも満腹を感じることが出来るのです。

ちなみに、酒の肴にするなら飲みすぎに注意。ビールはグビグビ飲めてしまうわりにカロリーや糖質が高いため、気が付けばカロリー、糖質が摂取目安をオーバーしていることも珍しくありません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.