1. ダイエットレスキュー
  2. 食品馬刺しのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

馬刺しのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

馬刺し

馬刺しはスライスした馬肉を生のまま食べる日本料理のこと。海外の方に比べて何でも生で食べてしまう日本人らしい料理と言えるでしょう。一般的な魚の刺身に比べると摂取頻度は低めだと思われますが、ネット通販などを介して購入可能です。

今回はそんな馬刺しのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

馬刺しのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは馬刺しのカロリーから見ていきましょう。

  • 馬刺しのカロリー:110kcal/100gあたり

馬刺しは生の馬肉ですから、馬肉のカロリーと変わりません。100gあたり110kcalと言えば肉類の中でも非常に低カロリーな方で、皮を剥いだ鶏肉を下回る数字です。

そのため、ダイエット中でも食べやすい食品と言えるのですが、これは赤身に限定されると思われます。というのも、食品成分表に記載されている馬肉は脂質が100gあたり2.5gしか含まれないヘルシーな赤身です。

しかし、馬刺しではトロや霜降りが提供されることもあり、これらは脂身の影響からカロリーが高めだと予想されます。ですので、カロリー制限中の方はなるべく脂身の多い部位は避けるようにしてください。

馬刺しの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に馬刺しの糖質を見ていきましょう。

  • 馬刺しの糖質:0.3g/100gあたり

肉類の糖質が低いのは、糖質制限ダイエット中の方ならご存知でしょう。馬刺しは馬肉をそのまま使う料理ですから、当然ながら糖質は低めです。10kg食べたとしても、スタンダード糖質制限の1食分にすらなりません。

ただ、馬刺しには焼肉のタレやスライスした玉ねぎを用いることがあります。どちらも極端に糖質が高いわけではないものの、両者を同時に用いれば1人前で糖質が10g前後になることもあるでしょう。これを、「馬刺しだから糖質は気にしなくて大丈夫」という気持ちで食べるのは危険です。

他のおかずの糖質次第では合計40gを超えてしまうかもしれません。ちなみに、トロや霜降りになっても糖質はほぼ変わらないでしょう。

馬刺しの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に馬刺しの脂質を見ていきましょう。

  • 馬刺しの脂質:2.5g/100gあたり

脂質についてはカロリーの項目でも触れたとおり、赤身の数値を参考にしているため低めです。肉類の中では非常に低脂質な部類で、少しくらいなら多めに食べても何ら問題ないでしょう。

ただ、トロや霜降りの場合は脂身の多さから脂質が高めだと思われます。具体的な数値は分かりませんが、脂質を制限しているなら避けた方がいいでしょう。脂身の多い部位だと100gあたり20gや30gの脂質を含むことも珍しくありません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.