1. ダイエットレスキュー
  2. 食品鯨ベーコンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

鯨ベーコンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

鯨ベーコン

鯨ベーコンは鯨の肉を加工して作るベーコンのことで、主に下あごから腹部あたりにある「うねす」と呼ばれる部位が使用されます。チャーハンや炒め物など様々な料理に活用できる便利な食品ですが、やや癖が強いことから苦手な方もいるでしょう。

今回はそんな鯨ベーコンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

鯨ベーコンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは鯨ベーコンのカロリーから見ていきましょう。

  • 鯨ベーコンのカロリー:376kcal/100gあたり

鯨ベーコンに使用する、うねすというのは脂身が多くカロリーの高い部位です。そのため、鯨ベーコンは一般的な鯨肉に比べて非常にカロリーが高いです。鯨肉が100gあたり106kcalですので、なんと3倍以上になります。

基本的に料理に使うことが多く、一度に100gも摂取することは少ないと思われますが、料理に30g使っただけでも100kcal以上も完成品のカロリーを増やしてしまうわけですから、カロリー制限中は注意が必要でしょう。

ギフトなどでいただいた際も、一気に食べるのではなく、少しずつ消費するようにしてください。

鯨ベーコンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に鯨ベーコンの糖質を見ていきましょう。

  • 鯨ベーコンの糖質:0.2g/100gあたり

動物や魚の肉の場合、部位によるカロリーや脂質の差こそあれど、糖質の変化はほとんどありません。そのため、高カロリーな部位を使用する鯨ベーコンも糖質は上記のように低めです。

ただ、意外と厄介なのが鯨ベーコンはチャーハンやパスタに用いるケースが多いことです。これらは主食系をたっぷり含んだ料理で、量によっては1人前で糖質60gや70gを超えることもあります。

糖質制限中に鯨ベーコンを使う際は、野菜類と共に調理する炒め物や、サラダなどにしておきましょう。野菜類と一緒であれば、偏りがちな栄養バランスをある程度は改善できそうです。

鯨ベーコンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に鯨ベーコンの脂質を見ていきましょう。

  • 鯨ベーコンの脂質:31.4g/100gあたり

鯨ベーコンを実際に食べてみると分かりますが、あれは脂身が多めです。脂身の多さは脂質量に直結しますから、鯨ベーコンは脂質が高い食品というこよになります。

1回に使用する量が30gだとしても、脂質は9.4gほど。ここに肉類などを加え、調理時に油を用いるチャーハンなら簡単に1食分目安の16~20gを超えてしまいます。そのため、カロリーや脂質を制限している方に鯨ベーコンはおすすめできません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.