1. ダイエットレスキュー
  2. 食品イカリングのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

イカリングのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

イカリング

イカリングは内臓を取り除いたイカの胴体を輪切りにし、そこに小麦粉や卵、パン粉などで衣をつけ、最後に油で揚げて完成させる料理のことです。簡単に言えばイカフライですが、ゲソやエンペラを使ったものは基本的にイカリングとは呼びません。

今回はそんなイカリングのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

イカリングのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはイカリングのカロリーから見ていきましょう。

  • イカリングのカロリー:329kcal/100gあたり

イカ自体は100gあたり88kcalと非常に低カロリーなのですが、イカリングの場合は衣がたっぷりと油を吸収するため、どうしてもカロリーが高めになってしまいます。

しかも、イカリングは中心が空洞になっているため、重さに対しての衣率がやや高めでしょう。衣が多ければ多いほど、油をたっぷりと吸収するわけですから危険です。

1個の重量が40g程度なら132kcal程度ですむものの、イカリングなら2個3個と簡単に平らげてしまいます。このことから、イカリングはカロリーが高く、カロリー制限でのダイエットには向かないと言えるでしょう。

自作する際は、なるべく衣を削るなどしてカロリーを減らしてください。

イカリングの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にイカリングの糖質を見ていきましょう。

  • イカリングの糖質:24.5g/100gあたり

イカがほとんど糖質を含まないわりには高すぎる糖質量ですね。おそらく、これは小麦粉やパン粉を使用する衣のせいだと思われますが、一般的な使用量ならもう少し糖質が低くてもおかしくありません。

とはいえ、レシピによっては糖質が高めになることもありますし、油断はできません。心配な方はパン粉を使わずに作るイカリングなどのレシピを採用するといいでしょう。パン粉は100gあたり59.6gもの糖質を含みますから、使うか使わないかでけっこうな糖質差が出ると思われます。

イカリングの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にイカリングの脂質を見ていきましょう。

  • イカリングの脂質:20.3g/100gあたり

イカの脂質量が100gあたり1.2gですので、脂質も非常に高くなっているのが分かります。これは、大方の予想通り油の仕業です。100gあたり100gの脂質を含む油を、衣がたっぷりと吸収してしまうため、脂質が数倍以上に膨れ上がります。

ちなみに、20.3gの脂質量と言えば、ちょうど成人男性が1食に摂取できる量と同じくらいです。つまり、1個が40g程度のイカリングなら多くても2個の摂取で我慢しておくべきでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.