1. ダイエットレスキュー
  2. 食品貝ひものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

貝ひものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

貝ひも

貝ひもはホタテなど貝類のビラビラした部分のことで、生のものは刺身などで食べられます。また、醤油やみりんで煮付け、乾燥させたものをおつまみとして用いることも少なくありません。

今回はそんな貝ひものカロリー、糖質、脂質を紹介します。

貝ひものカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは貝ひものカロリーから見ていきましょう。

  • 貝ひも(生)のカロリー:97kcal/100gあたり
  • 貝ひも(乾燥)のカロリー:326kcal/100gあたり

貝ひもは生の状態だと97kcalです。ホタテが100gあたり72kcalですので、貝ひもだけだと少しだけカロリーが高くなるものの、元々のカロリーが低いうえ、1個あたりなら15g前後しかありませんから、カロリー制限中でも気兼ねなく口に出来るでしょう。醤油やわさびを付けてもカロリーが極端に高くなることはありません。

対して、乾燥したものだと100gあたり326kcalもあります。これは、単純に水分量が少ないことに加えて、醤油や砂糖、みりん等を使って味付けすることが多いためでしょう。とはいえ、乾燥した状態のものは1袋でも20g前後ですから、食べ過ぎることは少なそうです。20gなら65kcal程度ですし、お酒の飲みすぎにさえ気を付ければ平気だと思われます。

貝ひもの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に貝ひもの糖質を見ていきましょう。

  • 貝ひも(生)の糖質:1.5g前後/100gあたり
  • 貝ひも(乾燥)の糖質:40.2g/100gあたり

生の状態の糖質が見当たらないため、今回はホタテの糖質量を参考にしています。ですので、生の状態の糖質量はあくまでも目安だと考えてください。ただ、魚介類なことから極端にズレることはないと思われます。

乾燥品については原材料を見てみると、砂糖やぶどう糖、みりんなど糖質の高い調味料が並んでいます。そのため、貝ひも自体の糖質が低いにも関わらず、非常に糖質が高くなっているのでしょう。商品によって多少の違いはあるものの、甘く味付けしたものは基本的に高糖質だと考えてください。

食べるにしても、1袋の半分など量を少なめにしておきましょう。

貝ひもの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に貝ひもの脂質を見ていきましょう。

  • 貝ひも(生)の脂質:0.9g前後/100gあたり
  • 貝ひも(乾燥)の脂質:2.2g/100gあたり

生の状態は脂質も正確な数字が分からなかったため、ホタテのものを参考にしています。しかし、乾燥した状態の脂質が2.2gですから、あながち間違ってもいないでしょう。

乾燥した状態の脂質が低めなのは、砂糖やみりん、醤油などの調味料がほぼ脂質を含まないおかげです。1袋なら脂質1g以下もありえますし、特に警戒する必要もないと思います。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.