1. ダイエットレスキュー
  2. 食品レーズンバターのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

レーズンバターのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

レーズンバター

レーズンバターはバターにレーズンをそのまま混ぜた食品のこと。トーストに塗ってよし、酒の肴にしてよしの便利な一品です。しかし、こってりとしたバターに、甘みの強いレーズンという組み合わせはどうしてもカロリーや糖質を気にしてしまいます。

そこで、今回はレーズンバターの具体的なカロリーや糖質、脂質量を考えてみましょう。

レーズンバターのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

レーズンバターは完成品も販売されていますが、自分でレーズンの量を調整できることから自作している方も少なくありません。そこで、今回は一般的なレシピでレーズンバターを作成したとして、そのカロリー量を考えてみましょう。

まず、レーズンバター1個に使われる材料がバター100gに対してレーズン30gといったところです。ここに砂糖やラムを少しだけ加えることもありますが、やや複雑になってしまうため今回は無しとしておきます。

バター100gのカロリーは763kcal、レーズン30gのカロリーは90kcalですから、合計してレーズンバター1個のカロリーは853kcalということになります。

  • レーズンバターのカロリー:853kcal/1個(130g)あたり

市販品のカロリーを見てみると、75gあたり448kcalとなっていますから大きくは外れていないでしょう。やはり、バターをたっぷり使うことから非常にカロリーが高いです。

さすがに1回で130gも使うことはありませんが、20gだとしても130kcal程度はあるわけですから、カロリー制限には向かないでしょう。

レーズンバターの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にレーズンバターの糖質を見ていきましょう。

  • レーズンバターの糖質:23.2g/1個(130g)あたり

糖質の計算はとても簡単で、バターがほとんど糖質を含まないことから、レーズンの糖質量がほぼレーズンバターの糖質量だと考えても間違いではありません。

つまり、レーズン30gで23gほどの糖質を含むわけです。レシピによっては100gのバターに対して50gのレーズンを使うこともありますが、糖質制限的には許容できません。糖質はレーズンの使用量に応じて増えると覚えておいてください。

スタンダード糖質制限の1食分が糖質40g以下ですので、レーズンバターは食べるにしても1食あたり20gか30g程度でしょうか。ちなみに、市販品だと糖質がもう少し高いこともあります。おそらく、砂糖などを加えているためでしょう。

レーズンバターの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にレーズンバターの脂質を見ていきましょう。

  • レーズンバターの脂質:83.1g/1個(130g)あたり

脂質の計算も実は楽で、レーズンがほぼ脂質を含まないことから、バターの脂質量に依存しています。つまり、バターは100gで83gもの脂質を含んだモンスター食品なわけです。

上記の数字に対して、脂質は1食あたり16~20gしか摂取できません。すなわち、レーズンバター30gも食べれば、それだけで1食分の脂質を摂取してしまいます。

レーズンバターを多めに食べるなら、他の食事は脂質が低い食品で構成するべきでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.