1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ピーカンナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ピーカンナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ピーカンナッツ

ピーカンナッツはクルミ科の種実であり、ペカンという別名で呼ばれることもあります。その味はクルミと似たもので、苦みが少ないのが特徴です。そのため、そのまま食べるのはもちろんのこと、パイなどの料理に用いられることも少なくありません。

今回はそんなピーカンナッツのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ピーカンナッツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはピーカンナッツのカロリーから見ていきましょう。

  • ピーカンナッツのカロリー:702kcal/100gあたり

そもそもナッツ類は脂質たっぷりでカロリーが高い食品ですが、ピーカンナッツはその中でもひとしお高カロリーです。カロリーが高い高いと言われる豚バラ肉や牛バラ肉ですら100gあたり400kcal程度しかありません。

とはいえ、肉類とは違って1回で100gも200gも使用しないのが救いです。ピーカンナッツの重量は1粒あたり1.3gと言われますので、10粒程度の摂取であれば許容範囲でしょう。10粒までならギリギリで100kcal以内に収まります。

ちなみに、ピーカンナッツはパイやクッキーなどのお菓子にも利用しますが、この場合は小麦粉や砂糖が加わるため、1個のカロリーがそれなりに高くなります。ピーカンナッツたっぷりのお菓子類で出来るだけ避けましょう。

ピーカンナッツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にピーカンナッツの糖質を見ていきましょう。

  • ピーカンナッツの糖質:6.2g/100gあたり

糖質についてはナッツ類の中でも、食品全体でも低めと言えるでしょう。糖質制限中だと食べられる食品が限られるため、糖質だけでなくカロリーの摂取量も少なくなりがちですが、極端に摂取カロリーが少ないと気力がなくなり、仕事などの効率が落ちてしまうことも少なくありません。

そんな時、糖質の摂取量を抑えつつ、カロリーを摂取できるピーカンナッツは適切かもしれないです。とはいえ、脂質も高い食品えすから極端な摂取はやめておきましょう。多くても1日20粒程度を目安にしてください。

当然、砂糖や小麦粉がたっぷり使われるピーカンナッツのパイやクッキーは避けましょう。

ピーカンナッツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にピーカンナッツの脂質を見ていきましょう。

  • ピーカンナッツの脂質:73.4g/100gあたり

ナッツ類はどれもたいがい脂質の高いものですが、ピーカンナッツはその中でも頭一つ抜けているかもしれません。重さに対して7割以上もの脂質を含んでいます。

摂取量が10粒だとしても、10g近い脂質を摂取することになりますので、ピーカンナッツを食べるなら食事の脂質を抑えるようにしましょう。要は、肉類や卵料理などを避け、野菜類や脂質の低い魚類で構成しよう、ということです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2021 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.