1. ダイエットレスキュー
  2. 食品クラッカーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

クラッカーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

クラッカー

クラッカーはシンプルな塩味のビスケットです。基本的に砂糖は使用しないためクッキーと違って甘みは少ないのですが、サーモンやトマト、チーズなど様々な食品と組み合わせて美味しくいただくことができます。

今回はそんなクラッカーのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

クラッカーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まず知っておきたいのは、クラッカーと一口に言っても2種類のものが存在することです。これは、オイルスプレークラッカーとソーダクラッカーの2種類で、オイルスプレークラッカーの方は仕上げに植物性油脂をスプレーしてあります。名前の通り、油をスプレーしたクラッカーなわけです。

対して、ソーダクラッカーは焼成が仕上げです。そのため、両者でカロリー量が変わってきます。

クラッカーの種類カロリー(100gあたり)
ソーダクラッカー427kcal
オイルスプレークラッカー492kcal

当然ながら、植物性油脂をスプレーしてあるオイルスプレークラッカーの方が高カロリーになるわけです。クラッカーは水分量が少なく、1枚あたりの重量が3g前後しかないため、1枚あたりだと大した差になりません。しかし、10枚単位で食べることもあるわけで、出来ればソーダクラッカーの方にしておきたいところです。

ただ、ソーダクラッカーにしても低カロリーとは言えませんので、食べすぎには気を付けましょう。特にチーズなど高カロリーな食品を乗せて食べるときは要注意です。

ちなみに、ソーダクラッカーは四角く、触ってもサラサラしていることが多いです。逆に、オイルスプレークラッカーは円形で触ると手が油っぽくなります。

クラッカーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にクラッカーの糖質を見ていきましょう。

クラッカーの種類糖質(100gあたり)
ソーダクラッカー72.3g
オイルスプレークラッカー61.8g

オイルの分だけ重さに対しての糖質が下がっているのか、糖質についてはソーダクラッカーの方が高めです。ソーダクラッカーに関しては重さに対して7割程度、つまり小麦粉と同じくらいの糖質量があるわけですから要注意です。

もちろん、オイルスプレークラッカーの方も非常に糖質が高いです。1枚の重量が3gだとしても糖質1.9~2.2g程度はあり、20枚も食べればスタンダード糖質制限の1食分目安をほぼ超えてしまいます。

また、ピーナッツクリームやホイップクリームなど甘めの食品と一緒なら5枚や10枚でも危ないかもしれません。このことから、クラッカーは糖質制限にあまり向かないです。食べるにしても量を少なめに、そして上に乗せる具材は低糖質なものにしておきましょう。

クラッカーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にクラッカーの脂質を見ていきましょう。

クラッカーの種類脂質(100gあたり)
ソーダクラッカー9.8g
オイルスプレークラッカー22.5g

脂質は当然ながら最後に植物性油脂をスプレーする、オイルスプレークラッカーの方が高いです。クラッカーを1回で100gも摂取することは少なく、クラッカーだけで脂質オーバーになる可能性は低いと思われますが、チーズなど高脂質な食品を加えることも少なくありませんので気を付けましょう。

脂質オーバーが心配であればトマトなど脂質をあまり含まない食品を乗せるのがおすすめです。もちろん、クラッカーの種類はソーダクラッカーにしておいてください。

おからパウダーを使って糖質を抑える

ポイントを教える女性

市販品を購入するイメージの強いクラッカーですが、材料が小麦粉やショートニング、塩にイーストとシンプルなものですから、少し慣れてしまえば自宅でも簡単に作成できます。

この時、小麦粉ではなく、おからパウダーやふすま粉を使用することで糖質をグッと抑えられます。しかも、脂質はやや高くなるものの、カロリーが高くなることはほぼありません。

普通のクラッカーに比べると食感や味わいがやや変わるかもしれませんが、ダイエット中の方はぜひ小麦粉以外で作るクラッカーにチャレンジしてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.