1. ダイエットレスキュー
  2. 食品団子のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

団子のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

団子

花より団子とはよく言ったもので、美しい桜を眺めるのも乙ですが、やはり食欲には勝てませんよね。串に刺さったみたらし団子やあん団子などが並んでいれば、お花見中だろうとついつい手が出てしまいます。しかし、ダイエット中だと気になるのがカロリーや糖質量です。

今回は団子のカロリー、糖質、脂質を紹介しますので、ぜひダイエットに役立ててみてください。

団子のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは団子のカロリーから見ていきましょう。

団子の種類カロリー(100gあたり)
みたらし団子197kcal
あん団子201kcal
よもぎ団子185kcal

上記の3つだと100gあたり200kcal前後のカロリーを持ちます。1本あたりの重量が80g前後だと思われますので、1本だと160kcal前後です。

カロリー制限中だと間食のカロリーを100kcal以内に収めたいところですので、1本まるまるの摂取はやや危険だと思われますが、少し食事の量を調整すれば食べられないこともないでしょう。もし、食事の調整が難しいと感じるなら串から抜いて2個程度を摂取するのもありです。

串に刺さった団子の場合は1個1個を取り外せるのがいいですね。1本に4個の団子がついているとすれば、1個あたりは40kcal程度です。

ちなみに、団子は大福や羊羹などの和菓子類と比べてやや低カロリーな傾向にあります。また、当然ながらケーキ類やクッキーなどの洋菓子に比べても低カロリーです。

とはいえ、1本まるまるの摂取が難しい時点でダイエット向けとは言えませんね。あくまでも、他のスイーツに比べてカロリーが低めなだけです。食べ過ぎればすぐにカロリーオーバーに繋がることは忘れないでください。

団子の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に団子の糖質を見ていきましょう。

団子の種類糖質(100gあたり)
みたらし団子44.9g
あん団子44.3g
よもぎ団子36.7g

団子は基本的に上新粉を練って作りますが、この上新粉が100gあたり77.9gもの糖質を含むため、団子は上記のように糖質が高くなります。特にみたらし団子とあん団子は100gあたりの数字が、スタンダード糖質制限の1食分である40gを超えています。

1本が80gだとすれば、36g前後の糖質量でギリギリ40g以内に収まるものの、団子1本で食事を済ませるのは満腹感的にも栄養バランス的にも辛いでしょう。朝食なら団子1本で十分な方もいるかもしれませんが、商品によっては1本で糖質40gを超えることもありますし、おすすめはしません。

ちなみに、醤油の糖質は100gあたり10.1g程度です。しかし、みたらし団子に使うタレは醤油以外にも砂糖や水飴などが入っているため、餡子に負けず劣らずの糖質を持ちます。

団子の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に団子の脂質を見ていきましょう。

団子の種類脂質(100gあたり)
みたらし団子0.4g
あん団子0.4g
よもぎ団子0.5g

1本が少し大きめで100gあったとしても上記のような脂質量ですから、団子は低脂質な食品と言えます。メインの材料となる上新粉が100gあたり0.9gしか脂質を含みませんし、砂糖や醤油といった調味料はほぼ脂質を持ちません。

そのため、基本的に団子の摂取で脂質を気にする必要もないでしょう。ただ、ゴマ団子などは油を使って作ることから脂質が高めです。滅多にありませんが、揚げる系の団子などには気を付けてください。

タレや餡子をつけすぎない

ポイントを教える女性

みたらし団子やあん団子に用いられるタレや餡子には砂糖が多く用いられるため、カロリーや糖質が高くなります。もったいない精神からパッケージに残ったタレや餡子をベッタリと付けて食べたくなる気持ちも分かりますが、それをやるとカロリーや糖質を多めに摂取する羽目になります。

ですので、ダイエット中ならむしろ少し落とすくらいでいいかもしれません。タレや餡子を少し落としておけば、多少ではあるもののカロリーや糖質オフになると思われます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.