1. ダイエットレスキュー
  2. 食品はまぐりのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

はまぐりのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

はまぐり

あさりやしじみは小さすぎて食べた気がしませんよね。同じ貝でも、食べごたえのあるはまぐりが好きだという人も多いかもしれません。でも肉厚でジューシーなはまぐりは、ダイエット中に食べても大丈夫かどうか気になりますよね。

ここではそんなはまぐりのカロリーや糖質を紹介しながら、ダイエットに向いているのかどうかについて説明します。

はまぐりのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、はまぐりのカロリーを見ていきましょう。ハマグリは水煮やつくだ煮の状態でも売られていますので、それぞれのカロリーもチェックしておきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
はまぐり(生)39kcal
はまぐり(水煮)89kcal
はまぐり(焼き)77kcal
はまぐり(つくだ煮)219kcal
チョウセンハマグリ(生)42kcal

生のはまぐり100gに含まれるカロリーは39kcalしかありません。カロリーが低いとされる魚でも100kcal以上はありますので、それと比べてもはるかに低い値であることがわかります。ただし、同じはまぐりでもチョウセンハマグリになると、少しカロリーが高めです。

また、水煮や焼はまぐりくらいであれば問題ありませんが、つくだ煮になると一気にカロリーが高くなります。つくだ煮の状態になると、それほどたくさん食べることはないかと思いますが、「はまぐりは低カロリーだから」と思っていると、カロリーオーバーになることもあるので、気をつけてください。

はまぐりの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次にはまぐりの糖質についても見ていきましょう。貝類は糖質が少なめと言われていますが、はまぐりの場合でもそれは当てはまるのでしょうか。

種類糖質(100gあたり)
はまぐり(生)1.8g
はまぐり(水煮)2.0g
はまぐり(焼き)2.8g
はまぐり(つくだ煮)21.4g
チョウセンハマグリ(生)2.7g

生のはまぐり100gに含まれる糖質量は1.8gです。あさりやサザエなどと比べると糖質がやや高めですが、それでも低糖質に分類される食材です。水煮にしても焼いても糖質量は上がりませんので、糖質制限中には積極的に利用したいところです。

ただし、カロリー同様につくだ煮にすると糖質量があっという間に増えてしまいます。これはつくだ煮を作るときに砂糖を大量に使うためです。味付けによってはまぐりでも糖質が増えるということを頭に入れておきましょう。

はまぐりの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーも糖質も低めのはまぐりですが、脂質に関してはどうでしょう?同じように低めの値なのでしょうか。

種類脂質(100gあたり)
はまぐり(生)0.6g
はまぐり(水煮)1.5g
はまぐり(焼き)1.0g
はまぐり(つくだ煮)2.8g
チョウセンハマグリ(生)0.4g

生のはまぐりであれば、100gに含まれる脂質の量は0.6gしかありません。女性が1食で摂取する脂質の目安は16.2gですので、これと比べるとかなり脂質が少ないことがわかります。つくだ煮にしても2.8gしかありません。

はまぐりと脂質制限はとても相性のいい組み合わせです。脂質をあまり摂りたくないというときに、はまぐりはとても有効な食材ですので、積極的に活用していきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.