1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ピラフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ピラフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ピラフ

ピラフは米を様々な具材と一緒に炒めたのち、出汁と共に炊いた料理のことです。米と一緒に炒める具材に決まりはなく、エビやイカなどの魚介類、牛肉や豚肉などの肉類、高菜やニンジンなどの野菜類など、様々な食材が使用され、その食材に応じてエビピラフなどの名前が付けられます。

今回はそんなピラフのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ピラフのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはピラフのカロリーから見ていきましょう。

  • ピラフのカロリー:161kcal/100gあたり

食品成分表によれば、ピラフは冷凍のもので100gあたり161kcalとされています。そして、ピラフ1杯がおおむね300g前後ですから、ピラフ1杯は483kcal前後と言えるでしょう。

対して、成人女性の1食分が600kcal前後と言われますので、通常量の1杯をおかず無しで食べるなら十分にダイエット向けと言えそうです。米類を中心とした料理ですから、腹持ちもそう悪くは無いでしょう。

ただ、ピラフと一口に言っても様々な種類があるわけで、エビやイカなどカロリーの低い魚介類を使用したものなら問題ないと思われますが、牛肉や鶏肉などカロリーの高い食材を使用したピラフの場合は、100gのカロリーが200kcal程度になることも予想されます。

ダイエット中の方は出来るだけ野菜類や魚介類などヘルシーな食材でピラフを作りましょう。

ピラフの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にピラフの糖質を見ていきましょう。

  • ピラフの糖質:30.1g/100gあたり

ピラフの糖質は100gあたり30.1gですので、1杯が300gだと90.3gにもなってしまいます。しかし、スタンダード糖質制限の摂取目安は1日あたり120g、1食あたり40g以下です。つまり、ピラフ1杯の摂取で1日分の3/4の糖質を摂取することになります。

言ってしまえば、糖質制限向けとは真逆にあるような料理ですから、糖質制限でダイエットを行っている方はなるべく避けるようにしてください。

ちなみに、糖質が高い理由は主にご飯にあるため、具材による糖質量の変化はそうありません。肉類にしても、魚介類にしても、野菜類にしても、糖質が極端に減る、または増えることはないでしょう。

ピラフの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にピラフの脂質を見ていきましょう。

  • ピラフの脂質:2.8g/100gあたり

1杯が300gだと、1杯の脂質は9.4gほどです。1食分の脂質摂取目安が16~20gですので、申し分ない程度の脂質量と言えるでしょう。少しならおかずやスープをセットにしても大丈夫そうです。

ただ、脂質も具材によって大きく左右されることを忘れないでください。脂質の低いエビやイカなどの魚介類や、野菜類がメインなら特に問題はありませんが、脂質の高い肉類が入ると1杯の脂質が20gや30gになるケースも考えられます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.