1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ウニ丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ウニ丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ウニ丼

ウニ丼は丼ご飯にウニを乗せ、醤油などをかけたシンプルな丼料理のことです。ウニが高級食品なことから、やや高価なこともありますが、北海道で食べるウニ丼は絶品の一言であり、ダイエット中でもついつい食べたくなってしまう一品です。

今回はそんなウニ丼のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ウニ丼のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはウニ丼のカロリーから見ていきましょう。

  • ウニ丼のカロリー:536kcal/1杯あたり

ご飯やウニの量にもよりますが、一般的な量ならウニ丼は1杯あたり536kcalと言われています。こってりしたイメージが強く、カロリーが高いと思われがちなウニですが、実は100gあたり120kcalで他の海産物とそう変わりません。

ただ、ご飯が100gあたり168kcalもあるうえ、ウニ丼の比率はご飯3にウニ1くらいですから、カロリーはやや高めになります。とはいえ、丼料理の中では低カロリーな方と言えるでしょう。様々な具材が入る海鮮丼より低カロリーだと思われます。

もし、536kcalでも高すぎると思えば、ご飯の量をやや控えめにすると500kcal以内に収まります。ただ、ご飯の量が少なくなるとお腹が空きやすくなりますので注意してください。

ウニ丼の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にウニ丼の糖質を見ていきましょう。

  • ウニ丼の糖質:99.6g/1杯あたり

ウニ丼は1杯で100g近い糖質を持った、超高糖質料理とされています。理由は非常にシンプルで、とにかくご飯の糖質が高すぎるのです。しかも、丼料理の場合は通常よりもご飯を多く使用しますから、高糖質になるのも仕方ありません。

ウニも海産物の中ではやや糖質が高めとはいえ、100gあたり3.3g程度です。それていで、ウニ丼1杯に使用する量は100g無い程度でしょう。

このままだと確実に糖質オーバーですので、糖質制限中に食べるならご飯をこんにゃく米や豆腐などに置き換える必要があります。そのため、外でウニ丼を食べるのは止めた方がいいでしょう。

ウニ丼の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にウニ丼の脂質を見ていきましょう。

  • ウニ丼の脂質:4.3g/1杯あたり

ウニはこってりイメージで脂質も高いとイメージするかもしれませんが、実際は100gあたり4.8gしか含んでいません。そして、ご飯はほとんど脂質を含まない食品ですから、自然とウニ丼の脂質は低めになります。

1杯で4.3g程度の脂質量なら脂質オーバーの危険もないでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.