1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ニョッキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ニョッキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ニョッキ

ニョッキは溝の入った団子状の小さなパスタのことです。パスタの一種ではあるものの、一般的なスパゲッティとは違いジャガイモを使用するのが特徴で、主にトマトソースやジェノベーゼとの相性が良いと言われています。

今回はそんなニョッキのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ニョッキのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ニョッキはジャガイモと小麦粉だけで作るシンプルな食品ですから、カロリー量は簡単に計算できます。たとえば、ジャガイモ3に対して、小麦粉(強力粉)を1使用したとしましょう。すると、ニョッキのカロリーは以下のようになります。

  • ニョッキのカロリー:149kcal/100gあたり

対して、一般的なパスタが100gあたり149kcalと同量です。ただ、ニョッキに使うジャガイモと小麦粉の比率は決められていませんので、必ずしも同量になるとは限りません。

また、ニョッキはトマトソースなどをかけた後の料理を指すこともある言葉です。とはいえ、トマトソースは100gあたり44kcalとヘルシーな食材ですから、たっぷりかけても、ニョッキの量が100g程度なら1人前で200kcal以内でしょう。

ただ、卵やオリーブオイルなど高カロリーな食材を用いたソースの場合はカロリーが高くなりますので気を付けてください。

ニョッキの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

先ほどと同じくジャガイモ3に小麦粉1でニョッキを作成すると、糖質は以下のようになります。

  • ニョッキの糖質:29.4g/100gあたり

糖質についても一般的なパスタとそう変わりません。ニョッキにも小麦粉は用いられますし、ジャガイモは食品の中でも糖質が高い方ですから、どうしても糖質は高めになってしまいます。

また、トマトソースも商品によっては意外と糖質が高いため、かけすぎには気を付けてください。ちなみに、ニョッキはジャガイモを使用せず、カボチャで作成するレシピもありますが、カボチャもジャガイモに負けず劣らずの糖質量ですので、糖質が下がることはほとんどありません。

ニョッキの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にニョッキの脂質を見ていきましょう。

  • ニョッキの脂質:0.5g/100gあたり

こちらもジャガイモと小麦粉を3:1で作成した場合を想定しています。ジャガイモにしても、小麦粉にしても脂質だけはほとんど含まないため、ニョッキは一般的なパスタと同じく低脂質です。

おそらく、トマトソースをかけても脂質1g以下を保てるでしょう。注意点としては卵やオリーブオイル、肉類などをソースに用いる場合です。特にオリーブオイルは100gで100gの脂質を持ちますから、十分に注意しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.