1. ダイエットレスキュー
  2. 食品天丼てんやのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

天丼てんやのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

天丼てんや

天丼てんやは名前の通り、天丼を提供する飲食店です。天丼と言えばやや高価なイメージを持ちますが、天丼てんやではワンコイン程度で天丼をいただくことができます。それでいて、しっかりとボリュームがあることから、現場で働く男性の方などに人気があります。

今回はそんな天丼てんやのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べましたので、ぜひ参考にしてみてください。

天丼てんやのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは天丼てんやのメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(並1杯)
天丼730kcal
元祖オールスター天丼827kcal
上天丼713kcal
海老穴子天丼867kcal
野菜天丼817kcal
えび野菜天丼828kcal
海老といかのかき揚げ天丼1053kcal
小天丼550kcal

上記の表から分かるのは、成人男性の1食分とされる600~700kcalに収まるのが小天丼しかない、という事実です。しかし、小天丼は名前の通りご飯が小盛のミニサイズなわけですから、しっかりと午前中、または午後に働いた大人が食べるには量が少なすぎますね。

そのため、夕食、または寝る前までにお腹が空いてしまい、間食した結果、合計摂取カロリーが700kcalを超えるという未来が見えます。とはいえ、他のメニューは1食でカロリーオーバーなわけですから、カロリー制限中には注文しにくいですね。

天丼や上天丼の小盛を選択すれば700kcal以内に収められますが、それでは小天丼と変わりません。このことから、天丼てんやはあまりカロリー制限のダイエットに向かないと言えるでしょう。そもそも、揚げ物は油を用いるためカロリーが高めなのです。

ただ、天丼てんやにはプラス190円で提供に変更というメニューが存在します。天丼や上天丼あたりは定食に変更することで700kcalを切りますので、利用するときは定食への変更を申し出るといいかもしれません。

天丼てんやの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

天丼てんやでは残念ながらメニューの糖質を公表していませんが、天丼の糖質が高いのだけは確かです。というのも、通常のお茶碗1杯でご飯は約55gの糖質を持ちます。丼物になるとご飯の量が通常より多くなるわけですから、ご飯だけで糖質70gや80gも十分にありえるでしょう。

先ほど話した定食への変更を行えばご飯の量が減りますから、糖質も少しは減るかもしれませんが、それでも55g以下になることはなさそうです。スタンダード糖質制限では1食に40gまでしか糖質を摂取できないため、天丼てんやは基本的に糖質制限向けでないと言えるでしょう。

ただ、天丼てんやのサイドメニューにはお好み天ぷらなる、天ぷらの単品や盛合わせが存在します。れんこん、さつまいも、かぼちゃあたりに注意すれば他は糖質が低めだと思われるので、糖質制限中に訪れる際は利用してみるとよさそうです。

また、ほうれん草のおひたし、たこの海藻サラダ、冷奴などのメニューもおすすめです。

天丼てんやの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

天丼てんやのメニューの脂質は公表されていませんが、天ぷらは油を使うため、天丼1杯で20g前後の脂質は見ておいた方がよさそうです。一応、肉類を用いないことからカツ丼よりは低脂質だと思われますが、1杯で1食分の脂質摂取目安を超える可能性は高めですので、天丼てんやを利用した後は低脂質な食事を心がけましょう。

サイドメニューでカロリーを調整

ポイントを教える女性

天丼てんやのサイドメニューには、ごはん、小そば、小うどんなどの主食系から、天ぷら、サラダなど様々なメニューがありますから、これをうまく使ってカロリーオーバーを防ぐのがいいかもしれません。

たとえば、ごはん(374kcal)+海老天(71kcal)+いか天(71kcal)+いんげん天(29kcal)+ほうれん草のおひたし(19kcal)くらいの組み合わせなら564kcalですので、もう1品頼んでも大丈夫なくらいです。定食より高くつくかもしれませんが、カロリー量を細かく調整できると思いますので、ぜひ試してみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.