1. ダイエットレスキュー
  2. 食品マフィンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

マフィンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

マフィン

マフィンはアメリカ式のカップケーキ。紙やアルミの簡単な容器に入っており、カップからはみ出した上部に膨らみがあるのが特徴です。ケーキ類の中でも知名度が高く多くの場所で販売されているため、自宅で作るよりも市販品を購入する機会が多いかもしれません。

今回はそんなマフィンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

マフィンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはマフィンのカロリーを見ていきましょう。マフィンにも様々なバリエーションがありますが、今回は特にトッピング等をしていない、小麦粉やバター、砂糖、卵あたりから作られるシンプルなものを参考にしています。

  • マフィンのカロリー:215kcal/1個あたり

1個のサイズは60g前後を想定していますので、サイズに対するカロリーはやや高めかもしれません。マフィンなどの洋菓子は小麦粉やバター、砂糖などが大量に使われるため仕方ないと言えば仕方ないでしょう。材料から見ればパンと同じような存在です。

そのため、3個も食べればカロリー限界、またはカロリーオーバーを引き起こしてしまいます。フォークなどを使わず気軽に食べられるお菓子ではありますが、摂取する頻度には気を付けた方がいいでしょう。

毎日のように食べていてはカロリーオーバーが心配になりますので、3日に1度など控えめに。それも、食事との合計カロリーが1食分の目安を超えないように調整してください。多少のカロリーオーバーなら大丈夫だと思っているかもしれませんが、それは確実に命取りとなります。

ちなみに、チョコチップやレーズンなどがトッピングしてあるマフィンはさらに高カロリーだと予想されます。たまに見かける豪華な見た目のマフィンは避けた方がいいかもしれません。

マフィンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にマフィンの糖質を見ていきましょう。

  • マフィンの糖質:26.4g/1個あたり

サイズこそ小さめなものの、小麦粉や砂糖がたっぷりと使われますから糖質も高いです。糖質については1個で1食の半分以上ありますから(スタンダード糖質制限を想定した場合)摂取はなるべく避けるべきでしょう。

ここにチョコチップやレーズンなどのトッピングが加われば1個で30g、サイズが大きければ40gを超えてしまう恐れもあります。基本的に糖質制限には向かないお菓子ですから、食べるにしても特別な日くらいにしておいてください。

マフィンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にマフィンの脂質を見ていきましょう。

  • マフィンの脂質:9.9g/1個あたり

脂質もサイズのわりに高い印象を受けますね。2個で19.8g。1食分が16~20g前後と言われますから、2個も食べれば1食分の脂質を摂取することになります。カロリー的には大丈夫と考え、3個も摂取しようものなら脂質オーバーから肥満を引き起こすこともあるでしょう。

ちなみに、脂質が高い理由はバターが多めに使われるからであって、砂糖や小麦粉はほとんど脂質を含みません。結局のところ、マフィンはカロリーも糖質も脂質も高めのお菓子です。ダイエット中はなるべく購入しない。そして、いただいても家族や友人に食べてもらうことを心がけましょう。

トッピングでさらにカロリーや糖質がアップ

ポイントを教える女性

マフィンはレーズンやチョコレートなどを使って作られることも多いお菓子です。ただ、これらのトッピングはどれもカロリーや糖質が高めなのです。

トッピングの種類カロリー糖質脂質
レーズン(100g)301kcal76.6g0.2g
チョコレート(100g)558kcal51.9g34.1g
くるみ(100g)674kcal4.2g68.8g
アーモンド(100g)598kcal9.3g54.2g
バナナ(100g)86kcal19.3g0.2g

使用量にもよりますが、特にチョコレートなどはカロリーも糖質も脂質も高めです。また、ヘルシーなイメージのあるナッツもカロリーや脂質は高いです。これらトッピングが大量に使われたマフィンは、おそらくカロリーや糖質、脂質が高めですので、ダイエット中は警戒しておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.