1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ドーナツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ドーナツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ドーナツ

ドーナツは小麦粉や砂糖などで作成した生地を油で揚げて完成させるお菓子のことです。一般的には中心部に穴の空いた円盤型が想像されますが、中には卵のように丸い形をしたものやパンと変わらない見た目のものも存在します。

今回はそんなドーナツのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ドーナツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ドーナツと一口に言っても一般的な穴の空いたものから、ハワイアンドーナツであるマラサダなど意外と幅広いです。今回はそんな各種ドーナツのカロリーや糖質を表で比較してみましょう。

ドーナツの種類カロリー(100gあたり)
ドーナツ375kcal
あんドーナツ347kcal
マラサダ348kcal
サーターアンダギー368kcal

商品やレシピによってサイズが異なるため今回は100gあたりの数字で比較しています。こうしてみると、どれも変わらないくらいのカロリー量で、おおよそ350kcal前後だと分かります。

一般的なパンが100gあたり264kcalほどですから、100gあたりのカロリーは高めと言えるでしょう。これはドーナツに油が用いられるため。一般的なドーナツにせよマラサダにせよ、カロリーたっぷりの油が使われるのですからカロリーは高めになってしまいます。

ちなみに、通常サイズのドーナツは1個あたり60g前後です。つまり、1個なら225kcal前後だと予想されます。サーターアンダギーなら1個のサイズが小さく30g前後ですので110kcal前後でしょうか。

1個のサイズが小さいと次へ次へと手が伸びてしまいがちですが、ダイエット中なら控えめにしておきましょう。また、専門店などで販売されるトッピングの多いドーナツは1個で300kcalを超えることもあります。

ドーナツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にドーナツの糖質を見ていきましょう。

ドーナツの種類糖質(100gあたり)
ドーナツ52.4g
あんドーナツ64.9g
マラサダ41.9g
サーターアンダギー53.0g

スタンダード糖質制限の1食分が糖質40gですので、ドーナツの糖質は非常に高いことになります。1個が60g前後なら一応は31.4g程度まで下がるものの、それでも1個の摂取が限界です。

ドーナツ店に行ってドーナツ1個だけ購入するケースは少なく、普通は2個か3個くらいは購入するわけですが、糖質制限中にその行為は許されません。特にトッピングの多いものなら1個で40gを超えてしまうかもしれないです。

ちなみに、ドーナツ類の糖質が高いのは小麦粉が大量に使われるうえ、砂糖の量も決して少なくないからです。

ドーナツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にドーナツの脂質を見ていきましょう。

ドーナツの種類脂質(100gあたり)
ドーナツ14.9g
あんドーナツ7.2g
マラサダ15.1g
サーターアンダギー12.6g

ドーナツは油で揚げて作りますから脂質も高めになります。60gの1個あたりでも8.9gほど。何も考えずに食べれば脂質オーバーの要因になりそうです。あんドーナツの脂質が低めなのは中身の餡子が脂質をあまり含まないからでしょう。

ちなみに、ドーナツと言えばチョコレートのかかった商品も定番ですが、あれはチョコレートの脂質が高いため1個で脂質10gを超える恐れもあります。脂質が気になる方はチョコレートのかかった商品をなるべく避けるようにしてください。

揚げないドーナツを作ろう

ポイントを教える女性

一般的にドーナツと言えば揚げて作るものということになっています。しかし、自分で作るなら揚げずにオーブンで焼いて完成させるのもありでしょう。一般的なドーナツとは食感が変わってしまうものの、油を使用しないためカロリーや脂質量が下がります。

また、材料に豆腐を利用してカロリーや糖質を下げる方法もあります。ドーナツは人気のお菓子だけにダイエット向けのレシピが充実していますので、ダイエット中でもドーナツが食べたいという欲求を我慢できない方は自作ヘルシードーナツにチャレンジしてみましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.