1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ビスコッティのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ビスコッティのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ビスコッティ

ビスコッティは小麦粉やアーモンドプードル、アーモンドなどを用いて作るイタリアの焼き菓子です。二度焼きをすることから水分量が少なく硬いのが特徴で、普通はコーヒーなどの飲み物に浸していただきます。

今回はそんなビスコッティのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ビスコッティのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはビスコッティのカロリーから見ていきましょう。

  • ビスコッティのカロリー:400kcal/100gあたり

商品やレシピによって異なりますが、ビスコッティには100gあたり598kcalもあるアーモンドやアーモンドプードルを使用する上、クッキーなどと同じように小麦粉や砂糖も加わりますから基本的にカロリーは高めだと考えてください。

ただ、二度焼きで水分量が減少していることから、1個の重量は10~15g程度しかありません。見た目の割に軽めです。1個50kcal前後なら、ダイエット中でもなんとか口にできるでしょう。やや小さめの商品なら2個くらい摂取しても大丈夫かもしれません。

ちなみに、ビスコッティは飲み物につけても噛み応えがあるお菓子です。しっかり噛んで食べることで、満腹中枢を刺激する効果も得られるかもしれません。

ビスコッティの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にビスコッティの糖質を見ていきましょう。

  • ビスコッティの糖質:70.7g/100gあたり

ビスコッティは水分量が少なく、その多くが小麦粉や砂糖、アーモンドなどで構成されるため高糖質です。100gあたり糖質70.7gは小麦粉の糖質量とそう変わりません。

1個が10~15gだとしても、糖質は8g前後あります。1個くらの摂取なら大丈夫かもしれませんが、あまりおすすめはできません。浸す飲み物がカフェオレなど甘いものなら、さらに糖質は高くなりますし、基本的には避けるようにしましょう。

ちなみに、ビスコッティの材料の中でアーモンドは糖質が低めです。そのため、自作する時はややアーモンドの量を増やすといいかもしれません。

ビスコッティの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にビスコッティの脂質を見ていきましょう。

  • ビスコッティの脂質:8.3g/100gあたり

アーモンドはナッツ類ですので非常に脂質が高く、100gあたりだと54.2gも脂質を含みます。ただ、ビスコッティに使用される量はそう多くありません。加えて、ビスコッティの場合はバターを用いないため、クッキーなどの焼き菓子より低糖質なくらいです。

1個が大きめの20gだとしても脂質は1.7g程度ですみますし、カロリーや糖質量を気にしつつ摂取していれば脂質摂取量が大幅に増えることもないでしょう。コーヒーやワインなどの飲み物も脂質はほぼ含みません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.