1. ダイエットレスキュー
  2. 食品じゃがいものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

じゃがいものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

じゃがいも

じゃがいもはナス科ナス属に分類される植物のことですが、日常的にじゃがいもと言えばその植物の地下茎を指しますね。最も有名な芋類ともいえる存在で、コロッケやポテトサラダ、じゃがバターなど様々な方法でいただくことができます。また、ポテトチップスなどお菓子類によく用いられる食品でもあります。今回はそんな、じゃがいものカロリーや糖質を見ていきましょう。

じゃがいものカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは、じゃがいものカロリーから見ていきましょう。

  • じゃがいものカロリー:76kcal/100gあたり

野菜類と比較した場合、やや高めに見えるカロリー量ですね。じゃがいも1個の重量は一般的なサイズで135g前後ですので、1個あたりだと103kcal前後になってしまいます。肉類など高カロリーな食品よりは口にしやすいものの、食べ過ぎればカロリー摂取量が心配になってきます。

じゃがいもは食感が軽く、ついつい食べ過ぎてしまうことも多い食品ですが、5個も6個も食べればじゃがいもだけでカロリーオーバーになる危険性が出てきますので、常にほどほどを意識しましょう。

また、じゃがいもの加工品が高カロリーになりがちな点にも注意してください。顕著なところだとポテトチップスでしょうか。あれは油を大量に用いてじゃがいもを揚げているため、少量でも高カロリーです。1袋で400kcalや500kcal前後を持つ商品も少なくありません。この後紹介する糖質も高いことから、ダイエットの敵ともいえる存在ですね。

じゃがいもの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にじゃがいもの糖質を見ていきましょう。

  • じゃがいもの糖質:16.3g/100gあたり

じゃがいもは糖質制限ダイエットにおけるトラップともいえる存在です。じゃがいもは野菜類のように扱われることから、糖質が低いと思われがち。しかし、実際はキャベツやトマトなど代表的な野菜類の数倍の糖質を持ちます。そのため、じゃがいもは糖質制限ダイエットに向きません。

「じゃがいもはきっと低糖質だろう」と何も調べずに食べてしまうと、あっという間に糖質オーバーになることも。スタンダードな糖質制限では1食あたりの糖質摂取量を40g以下にする必要がありますからね。じゃがいも2個でギリギリ、3個も食べれば大幅オーバーです。

ちなみに、他の芋類も基本的に高糖質です。糖質制限中はじゃがいもを始めとした芋類を避けるようにしましょう。

じゃがいもの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にじゃがいもの脂質を見ていきましょう。

  • じゃがいもの脂質:0.1g/100gあたり

脂質については野菜類と比べても遜色ない数字。100gあたりたったの0.1gしか含まれませんので、摂取の際に脂質を心配する必要はなさそうです。問題があるとすれば、油やバターを用いた料理は脂質が高くなりがちな点でしょうか。

皆さんもご存知のように、じゃがいもはポテトチップスの原料です。ポテトチップスを作る際に使用する油にはカロリーだけでなく、脂質も大量に含まれていますから、高脂質になるのは必然と言えるでしょう。また、バターに脂質が多いことから、じゃがバターなどにも気を付けたいところです。

ポテトチップスやポテトサラダに注意

ポイントを教える女性

糖質は高いものの、カロリーはそこそこ、脂質は低いというのがじゃがいもの評価です。そのため、ダイエット中でも摂取量にさえ注意すれば食べることができるでしょう。ただ、じゃがいもを使った料理はカロリーが高くなりがちです。

種類カロリー(100g)糖質(100g)脂質(100g)
ポテトチップス562kcal55g36g
ポテトサラダ122kcal10g7.3g
じゃがバター118kcal15.3g5.2g
コロッケ164kcal24.6g4.9g

特にポテトチップスは顕著な数字ですね。ダイエット中なら何が何でも摂取を避けたいところです。コロッケも元に比べてカロリーが2倍以上。さらに、油を使うことから脂質が高くなっています。じゃがいもを使用する際は、調理方法に気を配るようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.