1. ダイエットレスキュー
  2. 食品さつまいものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

さつまいものカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

さつまいも

さつまいもはヒルガオ科サツマイモ属に分類される植物のことですが、一般的には食用にする根の部分を指しますね。秋の名物のひとつとして有名な食品で、やや肌寒さを感じる9月後半や10月になると、石焼き芋を販売する屋台の声が聞こえるものです。あの声の誘惑に勝てず、つい、ふらふらと財布を持って家を出ることも少なくないですね。今回は、そんなさつまいものカロリーや糖質を紹介します。

さつまいものカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは、さつまいものカロリーを見ていきましょう。

  • さつまいものカロリー:132kcal/100gあたり

野菜類と比べて高カロリーですね。野菜は100gあたり50kcal以下が普通ですが、さつまいもはその2倍以上。野菜類のような感覚で口にしてしまえば、カロリーオーバーにつながる可能性が高いでしょう。一応、肉類に比べれば低カロリーではあるものの、ダイエットにぴったりとはお世辞にも言えないカロリー量ですので、摂取量には十分注意してください。

さつまいもは1個のサイズがやや大きめで、1本あたりの重量が200g前後あることも珍しくありません。つまり、1本あたりのカロリーは264kcal前後です。対して、1食の摂取カロリー目安が600~700kcalほど。1本ならまだしも、2本も食べれば摂取目安ギリギリですね。

ちなみに、天ぷらなど油を用いた料理だとカロリーは高くなります。1本分でも500kcalや600kcalに達してしまう恐れがあるので気を付けてください。

さつまいもの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、さつまいもの糖質を見ていきましょう。

  • さつまいもの糖質:29.2g/100gあたり

カロリーよりも糖質の方が問題ですね。スタンダード糖質制限では1食の糖質摂取量を40g以下に抑えなくてはなりません。しかし、さつまいも1本(約200g)には約58.4gもの糖質が含まれるわけですから、1本まるまる食べればほぼ確実に糖質オーバーです。

そもそも芋類は糖質が高めな食品ですが、さつまいもはその中でもずば抜けていますね。糖質制限中は避けるべきと言われる、じゃがいもや自然薯などよりも、いっそう警戒が必要な食品です。糖質制限ダイエット中なら、食べるにしても少量にしておくことをおすすめします。

さつまいもの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に、さつまいもの脂質を見ていきましょう。

  • さつまいもの脂質:0.2g/100gあたり

カロリー、糖質と共に高めだったさつまいもですが、脂質については問題ありません。脂質の摂取目安が1食あたり16~20g前後ですので、さつまいもによる脂質の過剰摂取は考えにくいでしょう。脂質オーバーになるような食べ方をすれば、摂取カロリーや糖質が大変な量になってしまいます。ただ、油を使った料理、たとえば天ぷらなどは脂質が高くなりがちです。

さつまいも料理のカロリーや糖質

ポイントを教える女性

さつまいもは天ぷらや大学芋、さつまいもご飯など様々な料理に利用されます。しかし、もともとカロリーや糖質が高いさつまいもを使った料理は、当然ながら高カロリー高糖質なものが多いです。

種類カロリー(100g)糖質(100g)脂質(100g)
天ぷら217kcal27.4g9.9g
大学芋231kcal38.3g7.7g
スイートポテト226kcal31.3g9.4g
さつまいもご飯151kcal32.3g0.4g

どれもさつまいも100gあたりより高カロリーなことが分かりますね。また、糖質についても高くなっているものが多く、お世辞にもダイエット向けとは言えません。天ぷらやスイートポテトなどは脂質も高いため、脂質の過剰摂取からダイエット失敗に陥る可能性もあるでしょう。

このことから、さつまいもを使った料理は全体的に警戒が必要です。甘くておいしい料理が多いのは確かですが、ダイエット中なら摂取量に気を付けましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.