1. ダイエットレスキュー
  2. 食品パピコのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/04/03更新

パピコのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

友だちや家族と仲良く分け合えるパピコ。ダイエット中でも半分ずつ食べることができますので、無理なく食べられそうですが、実際のところはどうなのでしょう?実は半分でも高カロリー高糖質だったりするのでしょうか?

ここではそんなパピコのカロリーや糖質をご紹介しながら、ダイエット中にパピコを食べていいのかどうかについて説明します。

パピコのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、パピコのカロリーを見ていきましょう。パピコは季節限定品も多く出ていますので、ここでは定番の2種類のカロリーをご紹介します。

種類カロリー(1本あたり)
パピコ チョココーヒー87kcal
パピコ ホワイトサワー76kcal

パピコ1本に含まれるカロリーは80kcal前後です。チョコレート味のほうがややカロリーは高めですが、いずれも100kcal以下ですので、カロリー制限中の間食としては、特に問題ありません。いずれもカロリー制限中に食べてもいいアイスです。

ただし、2本食べるとカロリーは単純に倍ですので、カロリーオーバーとなってしまいます。2本で1セットですので、ついつい2本目を食べたくなりますが、そうすると太ってしまいますので、カロリー制限ダイエット中は我慢してください。

パピコの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

カロリー制限では1本なら問題のなかったパピコですが、糖質量はどうなのでしょう?パピコは糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1本あたり)
パピコ チョココーヒー13.5g
パピコ ホワイトサワー15.1g

糖質量はホワイトサワーのほうが高く15.1gです。チョコレートはやや低い13.5gですが、いずれも糖質量がやや高めです。スタンダードな糖質制限をする場合には、1食で摂取していい糖質量は40gまでです。間食で13.5gは食事に影響を与えますので、基本的にはNGです。

ただし、魚や肉などの低糖質な食材を中心にした食事にすれば、糖質を大幅に減らすことができます。それが可能であれば、パピコを食べても構いません。食事としっかりバランスを摂って、無理のない範囲で食べてください。

パピコの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく、脂質も気になりますよね。パピコにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1本あたり)
パピコ チョココーヒー2.9g
パピコ ホワイトサワー1.5g

チョコレートで2.9g、ホワイトサワーで1.5gです。いずれもそれほど高い値ではありません、1本くらい食べても、それほど大きな影響を与えません。しかも脂質は少なければいいというわけではありません。脂質が不足すると健康上の問題も発生しやすくなります。

健康のためにも、ある程度の脂質摂取は必要です。食事での脂質量が足りないときには、脂質不足を補うために、上手にパピコを活用しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.