1. ダイエットレスキュー
  2. 食品あずきバーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/04/03更新

あずきバーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

あずきバー

釘を打てるくらい硬いことで有名なあずきバー。思いっきり噛もうとすると歯が折れそうになってしまいますが、それでも時々食べたくなる不思議な魅力のあるアイスです。でもダイエット中ですと、小豆とアイスなので確実に太ってしまいそうですよね。

ここではあずきバーにどれくらいのカロリーや糖質が含まれているのかをご紹介し、その値からダイエット中に食べてもいいのかどうか説明します。

あずきバーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、あずきバーのカロリーから見ていきましょう。アイスは高カロリーというイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょう?

種類カロリー(1本あたり)
あずきバー(85ml)156kcal
あずきバー(65ml)112kcal
ミルク金時バー(60ml)106kcal
宇治金時バー(60ml)96kcal

85mlのあずきバーはややカロリーが高めですが、65mlのあずきバーやミルク金時バー、宇治金時バーは思ったよりもカロリーが高くありませんよね。特に宇治金時バーは100kcal以下と低カロリーです。

カロリー制限ダイエット中の間食は100kcal程度にしておきたいところですので、85mlのあずきバー以外はすべて食べてもかまいません。少しでもカロリーを減らしたいなら、宇治金時バーがおすすめですが、16kcalしか変わりませんので、好きな味を楽しみましょう。

あずきバーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にあずきバーの糖質について見ていきましょう。あずきバーは糖質を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1本あたり)
あずきバー(85ml)34.6g
あずきバー(65ml)25.6g
ミルク金時バー(60ml)20.0g
宇治金時バー(60ml)21.9g

あずきバーの糖質量は85mlで34.6gもあります。最も糖質の少ないミルク金時バーでも20.0gです。スタンダードな糖質制限をするときには、1食で摂取していい糖質量は40gまでと決まっています。間食で20gは完全に糖質オーバーです。

小豆は比較的糖質が多い食材のひとつで、さらに大量の砂糖を使っているため、あずきバーは高糖質になっています。糖質制限ダイエット中に食べてしまうと、体重が増えてしまいますので、ダイエットが終わるまでは我慢しましょう。

あずきバーの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく、脂質も気になりますよね。あずきバーにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1本あたり)
あずきバー(85ml)0.5g
あずきバー(65ml)0.3g
ミルク金時バー(60ml)2.0g
宇治金時バー(60ml)0.5g

ミルク金時バー以外は、1本で1gも脂質が含まれていません。これくらいであれば、ほとんど無視していいくらいの量です。脂質が気になる人は、ミルク金時バー以外を選ぶようにしましょう。ただ、ミルク金時バーも決して脂質が高いわけではありません。

脂質は少なければいいというわけではありませんので、食事で脂質をしっかりとコントロールできていれば、ミルク金時バーでも問題なく食べられます。脂質オーバーにならないように気をつけてながら食べてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.