1. ダイエットレスキュー
  2. 食品アイスボックスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/04/03更新

アイスボックスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

暑い夏の日、氷のような冷たいアイスで、体の中から冷やしたくなるときがありますよね。そんなときにおすすめのアイスがアイスボックスです。ドリンクを流し込んで、オリジナルの味に仕上げて楽しんでいる人も多いかと思います。でも、ダイエットをしていると、アイスボックスのカロリーや糖質が気になりますよね。

ここではアイスボックスのカロリーや糖質をご紹介しながら、ダイエット中に食べてもいいのかどうかについて説明します。

アイスボックスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、アイスボックスのカロリーを見ていきましょう。比較対象がないと分かりにくいため、夏によく食べるかき氷とバニラアイスも一緒に見ていきましょう。

種類カロリー(1カップあたり)
アイスボックス グレープフルーツ(135g)13kcal
かき氷(230g)39kcal
バニラアイス(175g)315kcal

アイスボックス1カップのカロリーは、なんと13kcalしかありません。かき氷もバニラアイスも容量が違いますので、単純に比較できませんが、それぞれ1回分だと考えれば、アイスボックスのカロリーの低さが際立っています。

これくらいカロリーが低ければ、カロリー制限なら1日に数回食べても問題ありません。ただし、ジュースやお酒などを入れてしまうと、当然それだけ高カロリーになりますので、カロリーオーバーにならないように気をつけてください。

アイスボックスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

低カロリーなアイスボックスですが、次は糖質を見ていきましょう。アイスボックスは糖質量を公表していませんが、アイスボックスには食物繊維がほとんど含まれていません。このため、炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1カップあたり)
アイスボックス グレープフルーツ(135g)3.2g
かき氷(230g)10.4g
バニラアイス(175g)40.6g

アイスボックス1カップの糖質は3.2gです。こちらもかき氷やバニラアイスと比較すると、かなり低糖質なのがわかります。100g中の糖質量が5g以下の食品は低糖質に分類されますが、アイスボックスは135g中に3.2gしか含まれていませんので、かなりの低糖質と言えます。

とはいえ、糖質は食事とのバランスを取る必要がありますので、食事で糖質を摂りすぎた場合には、3.2gといえども無視できる量ではなくなります。食事でしっかり糖質を減らす意識を持った上で、間食にアイスボックスを食べましょう。

アイスボックスの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

低カロリー低糖質のアイスボックスですが、こうなると脂質にも期待がかかりますよね。アイスボックスにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1カップあたり)
アイスボックス グレープフルーツ(135g)0.0g
かき氷(230g)0.0g
バニラアイス(175g)14.0g

アイスボックスには脂質がまったく含まれていません。ダイエットで脂質が気になるという人でも、好きなだけ食べてかまいません。ただし、ほとんど氷を食べているようなものですので、食べ過ぎるとお腹が冷えてしまう可能性があります。ほどほどの量を心がけて食べるようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.