1. ダイエットレスキュー
  2. 食品小麦粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

小麦粉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

小麦粉

小麦粉はその名の通り、小麦を挽いて作られる穀粉のことです。グルテンの性質によって薄力粉、中力粉、強力粉の3つにわけることができ、強力粉はパンや麺類などに、中力粉はお好み焼きなどに、薄力粉はお菓子作りなどに使用されます。非常に多くの食品が小麦粉を原材料とするため、今や私たちの生活に無くてはならない存在と言っていいでしょう。今回はそんな小麦粉のカロリーや糖質を確認していきましょう。

小麦粉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

冒頭で話したように、小麦粉は薄力粉、中力粉、強力粉の3つにわけることができます。

小麦粉の種類カロリー(100gあたり)
薄力粉368kcal
中力粉368kcal
強力粉366kcal

それぞれで用途が変わってくるわけですが、カロリーについてはそう変わりませんね。強力粉がわずかながら低カロリーとは言え、もはや誤差のレベルです。そのため、ダイエット中だからといって使用する種類を変える必要はありません。

種類うんぬんよりも、ダイエット中なら小麦粉の使用自体を抑えるのが優先でしょう。上記の表から分かるように小麦粉はけっこうなカロリー量を持ちますからね。実際に使用する量が100gに達することは少ないかもしれませんが、ダイエット中なら警戒しておきたいところです。

ちなみに、ケーキのレシピなどで見かける小麦粉1カップは約110gです。つまり、1カップだと400kcalを超えてしまいますね。ケーキの場合は加えてクリームなどのカロリーもプラスされますので、ダイエット中は十分に注意してください。また、パンの場合もバターのカロリーが加わるため、摂取量が高くなりがちです。

小麦粉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に小麦粉の糖質を見ていきましょう。

小麦粉の種類糖質(100gあたり)
薄力粉73.4g
中力粉72g
強力粉68.9g

この表からまず確実に言えるのは、小麦粉が非常に高糖質だということ。強力粉はギリギリ70gを切りますが、他は重さの70%以上の糖質を持つわけですから、低糖質とはお世辞にも言えません。小麦粉の糖質だけでピンとこない方は、小麦粉の使われた食品の糖質を知ると分かりやすいですよ。

たとえば、主に小麦粉で構成されるパスタやラーメンの麺などは100gあたり、おおよそ25g前後の糖質を持ちます。また、パンだと水分率が低いことから100gあたり45g前後の糖質を含みますね。要は、小麦粉を使って作られる食品は高糖質なことが多いのです。

少量の使用が料理の糖質を大きく左右しますので、糖質制限ダイエット中なら使用量を少なめにしておきましょう。また、小麦粉を使った食品は糖質制限向けでないことを覚えておいてください。

小麦粉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に小麦粉の脂質を見てみましょう。

小麦粉の種類脂質(100gあたり)
薄力粉1.7g
中力粉1.8g
強力粉1.8g

脂質については1カップ使ったとしても2g程度ですので、ダイエット中でも問題ないと思われます。ただ、パン類ならバター、ケーキ類ならクリームなどの脂質が加わるため、完成品の脂質には注意したいところです。小麦粉はあくまでも材料であり、そのまま摂取することはありませんからね。

糖質制限なら代替え品を使う

ポイントを教える女性

小麦粉を使った料理の摂取で最も懸念されるのが糖質過多です。先ほど紹介したように、小麦粉は重さに対して70%程度の糖質を含みます。そのため、糖質制限ダイエット中は小麦粉を使用した食品を回避することが推奨されています。

とはいえ、ダイエット中にずっとパンやケーキを我慢するのは辛いですね。そこで、糖質制限中なら小麦粉の代わりにおからパウダーやふすま粉などを使うといいかもしれません。これらを使うことで、カロリーについてはそう変わりませんが、糖質を大きく減らすことが可能です。

実際、糖質制限のためにおからパウダーのケーキなどを作る方もたくさんいます。気になる方はネットでレシピを検索してみてはいかがでしょうか。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.