1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ビーフンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ビーフンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ビーフン

ビーフンは米粉で作られた麺。つまり、ライスヌードルのことです。日本以外でも中国や台湾などの地域で食されており、そうめんのような細長い形状が特徴的。一般的な用途としては焼きビーフンなどが有名ですね。また、具材と共にスープへと投入し、汁ビーフンとして食べることもあります。そんなビーフンのカロリーや糖質を見ていきましょう。

ビーフンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはビーフンのカロリーを見ていきましょう。今回は分かりやすいよう、春雨や中華麺などの麺類と比較していきます。

種類カロリー(100gあたり)
ビーフン377kcal
春雨342kcal
中華麺(ゆであがり時)149kcal

こうしてみると、ビーフンや春雨のカロリーが高く見えますが、中華麺については茹でた後の数字ですので、1人前となれば話は別です。ビーフン1人前の重さは50gほどですので、実際のカロリー摂取量は189kcal前後ですね。逆に、中華麺は1人前で230g程度ありますので、1人前だと343kcalにもなってしまいます。

つまり、ラーメンを食べるよりも焼きビーフンを食べる方が、低カロリーで済む可能性が高いわけです。とはいえ、肉類を大量の用いる焼きビーフンであればラーメンのカロリーを超えてしまうこともあるかもしれません。極端に低カロリーなわけではないので、食べ過ぎや調理方法に気を付けてください。

ちなみに、春雨は100gあたりのカロリーこそビーフンと変わらないものの、1人前に使用する量がビーフンより大幅に低いと言われています。そのため、時にはビーフンではなく春雨を選択することで、カロリー摂取量を抑えられるでしょう。

ビーフンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にビーフンの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
ビーフン79g
春雨83.1g
中華麺(ゆであがり時)27.9g

ビーフンは冒頭で話したように米粉から作られる食品です。そして、米とは非常に糖質が高いことで有名な食品。私たちがよく口にするご飯1杯には約55gもの糖質が含まれています。そのため、ビーフンの糖質も非常に高いのです。

ビーフン1人前は50g程度と言われています。それでも糖質は40g近くなってしまいます。40gと言えば、ちょうどスタンダードな糖質制限の目安ですね。つまり、ビーフン1人前で糖質制限の目安量に追いついてしまうため、ビーフン料理を糖質制限ダイエットにとりいれるなら、味付けや具材の糖質をほぼ0にしなくてはなりません。

ちょっと味付けや具材で糖質がプラスされれば、それだけで40gを軽く超えてしまいますからね。基本的にビーフンは糖質制限に向かないと思ってください。また、他の麺類も同様です。

ビーフンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にビーフンの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
ビーフン1.6g
春雨0.2g
中華麺(ゆであがり時)0.6g

他に比べてやや高めに見えるものの、十分に低い脂質量ですし、そもそもビーフン1人前は50g程度ですので実際にビーフンで摂取する脂質は0.8g程度です。対して、脂質の摂取目安量は1食あたり16~20g前後と言われています。つまり、ビーフンによる脂質オーバーの心配はほぼ無いと言えるでしょう。

ただ、焼きビーフンや汁ビーフンになると肉類などが加わることから脂質が高くなる恐れもあります。脂質を抑えたいのなら、肉類や油などの使用は最小限にしましょう。

ビーフンは調理方法に気を付ける

ポイントを教える女性

糖質制限的に見ればイマイチですが、カロリーや脂質はわりと低めであり、ビーフンはダイエットにもとりいれられる一品と言えるでしょう。ただ、焼きビーフンや汁ビーフンにする際は味付けや用いる具材に気を付けてください。

特に肉類は少量であってもカロリーや脂質を大きく増やしてしまう恐れがあります。また、砂糖やごま油といった調味料もよくないですね。出来ることなら野菜を中心に構成し、ヘルシーなビーフン料理を目指しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.