1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ダノンビオのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/05/14更新

ダノンビオのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

世界で一番食べられているヨーグルトのダノンビオ。美味しいだけでなく、お腹の調子を整えてくれる効果が期待できるため、毎日の朝食に食べている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、乳製品ですのでダイエット中の人はカロリーや糖質が気になりますよね。

ここではダノンビオのカロリーや糖質をご紹介しながら、ダイエット中にダノンビオを食べてもいいのかどうかについて説明します。

ダノンビオのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、ダノンビオのカロリーから見ていきましょう。ダノンビオにはどれくらいのカロリーが含まれているのでしょう。

種類カロリー(1カップ75gあたり)
ダノンビオ プレーン・加糖61kcal
ダノンビオ プレーン・砂糖不使用49kcal
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・加糖47kcal
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・砂糖不使用37kcal
ダノンビオ 完熟ストロベリー62kcal
ダノンビオ 旬摘みブルーベリー62kcal
ダノンビオ ジューシーアロエ60kcal
ダノンビオ シチリア産レモン62kcal
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ プレーン・加糖(1本80g)36kcal
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ ブルーベリー(1本80g)40kcal

ダノンビオにはいくつもの種類がありますが、通常の加糖タイプで1カップ60kcal前後です。脂肪ゼロタイプや無糖タイプになると40kcal程度ですので、カロリーの値はさらに低くなります。1カップは75gですので、朝食にプラスさせる使い方が多いかと思いますが、基本的にはカロリーを気にする必要はありません。

ただし、朝食の他のメニューで高カロリーのものを摂取すると、トータルでのカロリーがオーバーする可能性があります。しっかり痩せたいのであれば、ダノンビオだけに頼るのではなく、食事全体でカロリーコントロールしてください。

ダノンビオの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にダノンビオの糖質について見ていきましょう。ダノンビオは糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1カップ75gあたり)
ダノンビオ プレーン・加糖9.0g
ダノンビオ プレーン・砂糖不使用4.3g
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・加糖8.4g
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・砂糖不使用5.4g
ダノンビオ 完熟ストロベリー10.1g
ダノンビオ 旬摘みブルーベリー9.9g
ダノンビオ ジューシーアロエ9.8g
ダノンビオ シチリア産レモン9.9g
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ プレーン・加糖(1本80g)6.2g
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ ブルーベリー(1本80g)7.1g

ダノンビオの糖質量は、種類によってバラツキがあります。多いもので10g、少ないものですと4g程度ですので、かなり差があります。糖質の原因になるのが砂糖ですので、糖質制限ダイエットをしている人は、できるだけ砂糖不使用タイプを選びましょう。

糖質制限でも重要なのは、食事全体でのバランスです。スタンダードな糖質制限をする場合、1食で摂取していい糖質量は40gまでです。ダノンビオを食べても、それを超えないように他の料理でしっかり糖質を抑えるようにしましょう。

ダノンビオの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく脂質の値も気になりますよね。ダノンビオにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1カップ75gあたり)
ダノンビオ プレーン・加糖1.5g
ダノンビオ プレーン・砂糖不使用2.2g
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・加糖0.0g
ダノンビオ 脂肪0 プレーン・砂糖不使用0.0g
ダノンビオ 完熟ストロベリー1.3g
ダノンビオ 旬摘みブルーベリー1.3g
ダノンビオ ジューシーアロエ1.3g
ダノンビオ シチリア産レモン1.3g
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ プレーン・加糖(1本80g)0.0g
ダノンビオ ファイバーイン 脂肪ゼロ ブルーベリー(1本80g)0.0g

ダノンビオ1カップに含まれている脂質は、ほとんどの種類で2g以下です。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、ほとんど気にする必要はありません。むしろ、脂質は少なすぎてもいけませんので、ダノンビオを食べるときは、食事である程度の脂質を摂るようにしましょう。

食事でしっかりと脂質を摂ってしまった場合は、2g程度であっても脂質オーバーになる可能性があります。その場合は、脂肪ゼロタイプを選んで、脂質をしっかりと抑えるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.