1. ダイエットレスキュー
  2. 食品氷結のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/05/14更新

氷結のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

安くて手軽に購入できるお酒として、とても人気の高い氷結。ウォッカベースのお酒ですので、糖質が少ないというイメージからダイエット中に飲んでいる人も多いかと思いますが、実際のところ本当にダイエットに向いているのでしょうか?

ここでは氷結のカロリーや糖質をご紹介しながら、氷結がダイエットに適しているかどうかについて説明します。

氷結のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、氷結のカロリーから見ていきましょう。氷結にはどれくらいのカロリーが含まれているのでしょう。

種類カロリー(100mlあたり)
キリン 氷結 シチリア産レモン45kcal
キリン 氷結 グレープフルーツ48kcal
キリン 氷結 もも52kcal
キリン 氷結 グリーンアップル53kcal
キリン 氷結 ウメ55kcal
キリン 氷結 パイナップル59kcal
キリン 氷結 サワーレモン31kcal
キリン 氷結 シャルドネスパークリング54kcal

氷結に含まれるカロリーは種類によってバラツキがあります。少ないもので100mlあたり31kcalなのですが、多いものですと59kcalもあります。1缶が350mlですので、108.5~206.5kcalということになりますが、200kcalはお酒で摂取するカロリーとしては無視できない値です。

種類によってカロリーが全く違いますので、カロリー制限でダイエットをしている人は、必ず栄養成分表示を確認した上で、

氷結の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に氷結の糖質を見ていきましょう。ウォッカベースのお酒ですがどれくらいの糖質が含まれているのでしょう。

種類糖質(100mlあたり)
キリン 氷結 シチリア産レモン4.0g
キリン 氷結 グレープフルーツ4.6g
キリン 氷結 もも7.1g
キリン 氷結 グリーンアップル7.4g
キリン 氷結 ウメ6.4g
キリン 氷結 パイナップル7.5g
キリン 氷結 サワーレモン1.3〜2.2g
キリン 氷結 シャルドネスパークリング6.1g

氷結に含まれている糖質も、カロリー同様に種類ごとに違いがあります。少ないもので、100mlあたり1.3~2.2gですが、多いものですと7.5gにもなります。1缶あたりの糖質量で考えると、少ないもので4.6~7.7g、多いものになると26.3gにもなります。

スタンダードな糖質制限をする場合、1食で摂取していい糖質量が40gまでですので、お酒で摂取する糖質量は10g以下にはしたいところです。氷結には飲みやすくするために糖類が多く含まれていますので、糖質が少ないものを選ぶか、糖質が含まれていない蒸留酒などを選びましょう。

氷結の脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリー糖質だけではなく脂質も気になりますよね。氷結にはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(100mlあたり)
キリン 氷結 シチリア産レモン0.0g
キリン 氷結 グレープフルーツ0.0g
キリン 氷結 もも0.0g
キリン 氷結 グリーンアップル0.0g
キリン 氷結 ウメ0.0g
キリン 氷結 パイナップル0.0g
キリン 氷結 サワーレモン0.0g
キリン 氷結 シャルドネスパークリング0.0g

氷結の原材料は果汁とウォッカ、糖類、酸味料そして香料ですので、脂質成分は一切含まれていません。このため、どの種類でも脂質はゼロで、脂質が気になるという人でも問題なく飲むことができます。

ただし、お酒を飲みすぎると判断力が低下して、ついつい脂質が多いおつまみでも口にしてしまいます。いくら脂質が少ないとはいえ、飲む量はしっかりとセーブしてください。多くても2本くらいまでに抑えておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.