1. ダイエットレスキュー
  2. 食品午後の紅茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/06/07更新

午後の紅茶のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

紅茶ドリンクの定番中の定番が、キリンの午後の紅茶シリーズです。紅茶はジュースよりも太りにくくダイエットに適しているイメージがありますので、普段から水分補給に使っている人も多いのではないでしょうか。でも実際のところ本当に太りにくいドリンクなのでしょうか?

ここでは午後の紅茶のカロリーや糖質をご紹介しながら、午後の紅茶がダイエットに適しているかどうかについて説明します。

午後の紅茶のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、午後の紅茶のカロリーから見ていきましょう。太りにくいイメージのある紅茶ドリンクには、どれくらいのカロリーが含まれているのでしょう。

種類カロリー(100mlあたり)
午後の紅茶 ストレートティー16kcal
午後の紅茶 ミルクティー37kcal
午後の紅茶 レモンティー28kcal
午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー40kcal
午後の紅茶 おいしい無糖0kcal
午後の紅茶 芳醇ロイヤルミルクティー37kcal
午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ40kcal
午後の紅茶 ティー ウィズ ミルク28kcal
午後の紅茶 こだわり素材のヘルシーミルクティー15kcal
午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングアップル24kcal

種類ごとにバラツキがありますが、ストレートティーは低カロリーで、ミルクティーのカロリーが高くなっています、通常のミルクティーでも100mlで37kcalありますので、ペットボトル1本500mlで考えると185kcalも摂取することになります。

ダイエット中のドリンクは0kcalが理想で、多くても100kcal以内には抑えたいところです。カロリー制限でダイエット中の人は「おいしい無糖」を選ぶようにしてください。甘くないと飲めないのであればストレートティーもしくは、こだわり素材のヘルシーミルクティーがおすすめです。

午後の紅茶の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に午後の紅茶の糖質を見ていきましょう。午後の紅茶は糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(100mlあたり)
午後の紅茶 ストレートティー4.0g
午後の紅茶 ミルクティー7.8g
午後の紅茶 レモンティー7.0g
午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー8.0g
午後の紅茶 おいしい無糖0.0g
午後の紅茶 芳醇ロイヤルミルクティー7.6g
午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ7.9g
午後の紅茶 ティー ウィズ ミルク4.5g
午後の紅茶 こだわり素材のヘルシーミルクティー2.4g
午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングアップル6.0g

糖質量も種類によってバラツキがあり、多いもので100mlに8gも糖質を含んでいます。500mlペットボトル1本飲むと、スタンダードな糖質制限をしている人が1食で摂取していい糖質量に達します。これは明らかに糖質オーバーです。

午後の紅茶はいずれもたくさんの砂糖を使っています。糖質が気になるという人の選択肢としては、おいしい無糖以外にはありません。糖質制限ダイエット中は砂糖を使っている午後の紅茶は避けるようにしてください。

午後の紅茶の脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく脂質も気になりますよね。午後の紅茶にはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(100mlあたり)
午後の紅茶 ストレートティー0.0g
午後の紅茶 ミルクティー0.0〜1.0g
午後の紅茶 レモンティー0.0g
午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー0.2〜1.2g
午後の紅茶 おいしい無糖0.0g
午後の紅茶 芳醇ロイヤルミルクティー0.0〜1.0g
午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ0.6g
午後の紅茶 ティー ウィズ ミルク0.7g
午後の紅茶 こだわり素材のヘルシーミルクティー0.0〜1.0g
午後の紅茶 Fruits and Tea リフレッシングアップル0.0g

午後の紅茶シリーズで、脂質が含まれているのはミルクティーだけです。その他は脂質ゼロで、ミルクティーでも100mlあたり多くても1.2gしかありません。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、これくらいの脂質なら基本的には問題ありません。

ただし、食事で脂質を多く摂りすぎたときなどは、ミルクティー以外の種類を選ぶようにしましょう。少ないとはいえゼロではありませんので、食事とのバランスを考えて脂質オーバーにならないように注意してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.