1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ウィルキンソンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/06/07更新

ウィルキンソンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

ミネラルウォーターよりも炭酸水のほうが好きという人は、ウィルキンソンを飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。ウィルキンソンのジンジャエールが好きだという人もいますよね。こちらはジュースですのでダイエットをしている人はカロリーや糖質が気になるかと思います。

ここではそんなウィルキンソンの商品について、そのカロリーや糖質をご紹介します。それぞれがダイエットに適しているのかについても合わせて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

ウィルキンソンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずウィルキンソンのカロリーから見ていきましょう。炭酸水とジンジャエール、それぞれのカロリーをチェックしていきましょう。

種類カロリー(100mlあたり)
ウィルキンソン タンサン0kcal
ウィルキンソン タンサン レモン 0kcal
ウィルキンソン タンサン ドライ0kcal
ウィルキンソン ジンジャエール37kcal
ウィルキンソン トニック38kcal
ウィルキンソン ドライジンジャエール39kcal

炭酸水は砂糖などが入っていませんのでカロリーゼロです。水と同じようにどれだけ飲んでも太りません。ウィルキンソンのジンジャエールは辛口と言われていますが、ちゃんと砂糖が入っていますので、こちらは100mlで37kcal程度あります。

たった37kcalだと思うかもしれませんが、500mlのペットボトルですと165kcalも摂取することになります。高カロリーというわけではありませんが、毎日飲んでいると確実に太ってしまいます。ダイエット中の人はカロリーオーバーになりますので、ジンジャエールは飲まないようにしましょう。

ウィルキンソンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にウィルキンソンの糖質を見ていきましょう。ウィルキンソンは糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(100mlあたり)
ウィルキンソン タンサン0.0g
ウィルキンソン タンサン レモン 0.0g
ウィルキンソン タンサン ドライ0.0g
ウィルキンソン ジンジャエール9.3g
ウィルキンソン トニック9.4g
ウィルキンソン ドライジンジャエール9.5g

炭酸水はレモン味も含めて糖質ゼロです。基本的には水と同じだと考えてください。一方のジンジャエールですが、こちらは100mlで9.3gくらいの糖質があります。生姜の辛さで甘みが消されていますが、これはかなり高い値です。

500mlのペットボトルなら46.5gもの糖質を摂取することになります。スタンダードな糖質制限をする場合、1食で摂取していい糖質量は40gまでですので、これでは完全に糖質オーバーです。190mlの小瓶でも15g以上の糖質になりますので、絶対に飲まないようにしてください。

ウィルキンソンの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく脂質も気になりますよね。ウィルキンソンの脂質もチェックしておきましょう。

種類脂質(100mlあたり)
ウィルキンソン タンサン0.0g
ウィルキンソン タンサン レモン 0.0g
ウィルキンソン タンサン ドライ0.0g
ウィルキンソン ジンジャエール0.0g
ウィルキンソン トニック0.0g
ウィルキンソン ドライジンジャエール0.0g

脂質に関しては炭酸水だけでなく、ジンジャエールでも0gです。脂質制限をしている人でも問題なく飲むことができます。ただし、ジンジャエールそのものには脂質が少なくても、一緒に食べるものに脂質が多いと意味がありません。食事に合わせて飲むときには、意識的に脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.