1. ダイエットレスキュー
  2. 食品春巻きのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

春巻きのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

春巻き

春巻きは小麦粉で作られた皮に豚肉やたけのこ、しいたけなどを包んで揚げる中国料理。数ある中国料理の中でも知名度が高いため、皆さんも一度は口にしたことがあるでしょう。身近なところでは、コンビニのレジ前ファーストフードに置いてあることもありますね。今回はそんな春巻きのカロリーや糖質を見ていきましょう。

春巻きのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは春巻きのカロリーを見ていきましょう。

  • 春巻きのカロリー:199kcal/100gあたり

冒頭で説明したように、春巻きは食用油を用いて揚げることからカロリーが高めです。サイズにもよりますが、1個あたりの重量が75g前後ですので、1個だと149kcal前後でしょうか。春巻きはついつい2個3個と食べ過ぎてしまう食品ですが、2個も食べれば450kcal近くを摂取するわけで。ここに白米などの主食が入れば、ほぼ確実に1食分の摂取目安である600~700kcalを超えてしまいます。

春巻きの材料別カロリーは以下のようになります。

材料カロリー(100gあたり)
春巻きの皮175kcal
豚もも肉183kcal
しいたけ18kcal
たけのこ26kcal

肉類は当然として、皮が高カロリーという部分にも注目です。春巻きの皮は小麦粉から作られるため、肉類に匹敵するほどのカロリー量となってしまいます。それでいて、春巻きの皮は量を減らすのが難しい材料。ギリギリの皮で包めば、調理中に中身が出てきてしまうかもしれませんしね。

そのため、カロリーを抑えたいのなら豚肉の使用量を控えるのが一番でしょう。また、油も高カロリーですが、「揚げる」という工程が入る以上は量を抑えるのが難しいところです。

春巻きの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に春巻きの糖質を見ていきましょう。

  • 春巻きの糖質:12.5g/100gあたり

先ほど言ったように1個が75g前後ですので、1個だと約9.4gになりますね。スタンダード糖質制限の目安が1食あたり糖質40g以下ですので、4個までならギリギリ大丈夫です。しかし、春巻き4個で満腹になるかといえば微妙なところ。かといって、春巻き4個におかずをプラスすれば糖質オーバーとなってしまうでしょう。

糖質の高さを考えると春巻きはあまり糖質制限に向きませんね。糖質が高い理由は下記の材料別糖質を見てもらえばわかると思います。

材料糖質(100gあたり)
春巻きの皮28.2g
豚もも肉0.2g
しいたけ1.4g
たけのこ1.5g

そう、メインとなる皮部分が高糖質なのです。これは、皮が小麦粉をメインに作られるためですね。パンにせよケーキにせよ麺類にせよ、小麦粉がメインとなる食品は総じて糖質が高いものです。とはいえ、春巻きを皮なしで作るのはほぼ不可能。もし糖質を抑えるのなら、低糖質な食材を皮代わりに使うしかないでしょう。

春巻きの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に春巻きの脂質を見ていきましょう。

  • 春巻きの脂質:12g/100gあたり

1個あたりだと9gくらいですね。対して、1食に摂取できる脂質量は16~20g前後と言われています。つまり、春巻き2個の時点でギリギリ、3個なら確実にアウトです。

材料脂質(100gあたり)
春巻きの皮3.7g
豚もも肉10.2g
しいたけ0.4g
たけのこ0.2g

春巻きの脂質が高い理由は油で揚げているのに加えて、豚肉が高脂質なためです。春巻きの皮は小麦粉がメインですが、ごま油を加えて作ることから小麦粉よりは脂質が高くなっています。

ノンフライヤーを使おう

ポイントを教える女性

春巻きは油を用いることからカロリーや脂質が高くなりがちです。これを解消するために、ノンフライヤーを使ってみてはいかがでしょうか。ノンフライヤーは油を使わずに揚げ物ができる便利アイテム。油を使わなければ、当然ながら食品のカロリーや脂質を抑えることができます。

春巻きだけでなく、唐揚げや天ぷらなど様々な料理に応用できますので、興味のある方は詳しく調べてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.