1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ブランチュールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/06/19更新

ブランチュールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

ラングドシャクッキーに挟まったホワイトチョコレート。食感も味わいも魅力的な袋ビスケットのブランチュール。おやつ用に常備しているという人もいるかもしれませんが、チョコレートを使っていますので、ダイエット中の人はカロリーや糖質が気になりますよね。

ここではそんなブランチュールのカロリーや糖質をご紹介しながら、ブランチュールをダイエット中に食べてもいいのかどうかについて説明します。

ブランチュールのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまずブランチュールのカロリーを見ていきましょう。比較するためにブルボンの人気袋ビスケットであるアルファートバニラホワイトとガトーレーズンの値も掲載しておきます。

種類カロリー(1個あたり)
ブランチュール44kcal
アルフォートバニラホワイト54kcal
ガトーレーズン80kcal

ブランチュール1個に含まれるカロリーは44kcalです。アルファートバニラホワイトとガトーレーズンよりもカロリーは控えめで、比較的ダイエットに適したお菓子です。かなり高カロリーを予想した人もいるかもしれませんが、1個が7.8gと小さいためそれほど高カロリーにはなりません。

カロリー制限ダイエットをしているなら、間食でのカロリーは100kcalまでにおさえたいところですので、ブランチュールなら単純計算で2個まで食べることができます。3個以上は太ってしまいますので、どうしても食べたいときには軽い運動をするなどして、カロリーをしっかり消費させてから食べましょう。

ブランチュールの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にブランチュールの糖質について見ていきましょう。ブランチュールは糖質量を公表していませんので、ここでは簡易的に炭水化物量を糖質量としてご紹介します。

種類糖質(1個あたり)
ブランチュール4.4g
アルフォートバニラホワイト6.1g
ガトーレーズン10.2g

ブランチュール1個に含まれる糖質量は4.4gです。他の袋ビスケットと比べると糖質も低めで、1個くらいなら食べても問題ありません。ただし、スタンダードな糖質制限をする場合、1食で摂取していい糖質量は40gまでと思うと、1日1個までにしておきたいところです。

2個食べてもいいのですが、食べた分だけは食事で糖質を減らさなくてはいけません。たまに食べるくらいならいいのですが、毎日2個以上食べるとなると食事の内容が偏ってしまいます。そうなると栄養バランスが崩れますので、基本は1日1個までと考えて、あまり食べないようにしましょう。

ブランチュールの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエットをしている人は、カロリーや糖質だけでなく脂質も気になりますよね。ブランチュールにはどれくらいの脂質が含まれているのでしょう。

種類脂質(1個あたり)
ブランチュール2.7g
アルフォートバニラホワイト3.0g
ガトーレーズン3.9g

ブランチュール1個に含まれる脂質の量は2.7gです。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、2.7gくらいならそれほど神経質になって排除する必要はありません。むしろ脂質は少なすぎてもいけませんので、脂質不足のときは積極的に食べていいくらいです。

大事なのは食事で摂取した脂質量とのバランスです。食事が揚げ物だった場合など、脂質を大量に摂取しますので、そのような場合には食べないようにしましょう。反対に脂質の少ない和食だった場合には、2~3枚くらい食べて脂質不足を補いましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.