1. ダイエットレスキュー
  2. 食品うすあわせのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/07/10更新

うすあわせのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

お中元やお歳暮に人気のうすあわせ。お茶うけなどに出されることもあり、ダイエットをしている人は手を付けていいのかどうか悩みますよね。うすあわせはダイエット中でも食べていいお菓子なのでしょうか?それとも避けるべき?

ここではそんなうすあわせのカロリーや糖質をご紹介しながら、うすあわせがダイエットに向いているかどうかについて説明します。

うすあわせのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、うすあわせのカロリーを見ていきましょう。うすあわせにはぎっしり餡が詰まっていますが、カロリーはどれくらい含まれているのでしょう。

種類カロリー(1個40gあたり)
うすあわせ あずき162kcal
うすあわせ かぼちゃ162kcal
うすあわせ さつまいも163kcal

うすあわせ定番の3種類のカロリーは1個あたり約160kcalと、やや高カロリーです。カロリー制限ダイエットをしているときの間食は100kcal以下に抑えたいところですので、基本的には食べないようにしてください。

ただし、60kcalのオーバーくらいなら食事でリカバリーできますし、少しだけ長く歩くなどすれば消費するのも難しくはありません。お茶うけに出されたときなど、残すと失礼になりそうなときなどは1個くらいなら気にせずに食べても構いません。

うすあわせの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にうすあわせの糖質を見ていきましょう。うす合わせの皮は糖質制限でNGとなっている小麦粉で作られていますが、糖質量はどれくらいになるのでしょう。

種類糖質(1個40gあたり)
うすあわせ あずき19.1g
うすあわせ かぼちゃ19.7g
うすあわせ さつまいも19.8g

うすあわせ1個に含まれる糖質量は19.1~19.8gです。スタンダードな糖質制限をする場合、1食で摂取していい糖質量は40gまでだと考えると、間食で20g摂取するというのは明らかに糖質オーバーです。うすあわせと糖質制限は相性がよくありませんので、食べないようにしましょう。

どうしても食べなくてはいけないようなときには、その後食事でしっかり糖質を減らすようにしてください。毎日食事の糖質を減らすのは栄養バランス面から考えておすすめできませんが、1ヶ月に数回そういう日があってもかまいません。食べないことが基本ですが、どうしようもないときには、食事の糖質量を減らして糖質オーバーになるのを防ぎましょう。

うすあわせの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

高カロリー高糖質のうすあわせですが、脂質だけが気になるという人ならうすあわせを食べてもいいのでしょうか?うすあわせの脂質がどれくらいなのか見ていきましょう。

種類脂質(1個40gあたり)
うすあわせ あずき8.5g
うすあわせ かぼちゃ8.3g
うすあわせ さつまいも8.5g

うすあわせ1個に含まれる脂質量は8.3~8.5gです。女性が1食で摂取する脂質の目安が16.2gですので、その半分以上をうすあわせで摂ることになります。基本的には脂質制限でもうすあわせはNGですが、絶対に食べてはいけないというわけではありません。

脂質は多すぎても少なすぎてもいけない栄養成分ですから、食事での脂質摂取量が少なすぎるときには、うすあわせで脂質を補っても構いません。食事とのバランスを考えて、うすあわせを食べてもいいのかどうかを判断しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.