1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チンジャオロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チンジャオロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チンジャオロース

チンジャオロースは細く切ったピーマンや牛肉を炒めて作る中華料理のこと。ピーマン以外にもたけのこ、たまねぎ、ネギなどの野菜が用いられるため、バランスよく野菜を摂取したいときにもおすすめの一品です。また、世界的に有名な料理でもあり、国によって食材や味付けなどが変化すると言われています。そんなチンジャオロースのカロリーや糖質を見ていきましょう。

チンジャオロースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチンジャオロースのカロリーを見ていきましょう。

  • チンジャオロースのカロリー:163kcal/100gあたり

1人前の重量が200g前後ですので、1人前だと326kcal前後になりますね。それでも、成人男性が1食に摂取する600~700kcalの半分程度ですので、ダイエット中でも我慢せずに済みそうです。ただ、材料の配分によってはカロリーが高くなる点に注意しておきましょう。

食材カロリー(100gあたり)
牛肉もも182kcal
ピーマン22kcal
たけのこ26kcal
ネギ28kcal

チンジャオロースの場合、野菜類が多めになることから、使用される食材の多くは低カロリーです。しかし、メインとなる牛肉はカロリーが高めですので、使用量には十分注意したいところです。また、今回は低カロリーなもも肉を使うレシピを参考にしましたが、これが別の部位になるとカロリーがさらに高くなることも考えられます。

脂身の多いリブロースやサーロインは特に危ないでしょう。チンジャオロースを作成するときは牛肉の部位にも注目してみてください。油の使用量を減らすことでもカロリーを抑えられますが、チンジャオロースは具材を油通しすることから、油の使用量を抑えるのが困難かもしれません。

チンジャオロースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチンジャオロースの糖質を見ていきましょう。

  • チンジャオロースの糖質:3.5g/100gあたり

味付けや材料によって異なるとは思いますが、チンジャオロースは主食系を含まないことから低糖質な傾向にあります。これについては食材ごとの糖質を見てもらえばわかりやすいでしょう。

食材糖質(100gあたり)
牛肉もも0.5g
ピーマン2.8g
たけのこ1.5g
ネギ5g

まず、メインとなる牛肉が低糖質ですし、野菜類も決して高くはない糖質量です。そのため、チンジャオロースの糖質は味付けが決めるといってもいいかもしれません。糖質が高い砂糖の使い過ぎは厳禁ですよ。

チンジャオロースの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にチンジャオロースの脂質を見ていきましょう。

  • チンジャオロースの脂質:11.8g./100gあたり

カロリーは許容範囲、糖質は低めと言えたチンジャオロースですが、脂質だけは高いとしか言えません。1人前(200g前後)だと23.6g程度の脂質があるわけで、これは1食の摂取目安である16~20g前後を超えています。

食材脂質(100gあたり)
牛肉もも9.6g
ピーマン0.2g
たけのこ0.2g
ネギ0.1g

このように、食材の脂質を見ると牛肉が主な原因に感じられます。しかし、チンジャオロースの脂質が高いのは油通しにも原因があると覚えておいてください。油の脂質は使用量とほぼ同量。つまり、たった10gの使用だとしても、料理の脂質を10gほど増やしてしまいます。

要は、牛肉の使用+油の使用がチンジャオロースの脂質を高めています。ちなみに、もも肉はまだ脂質が低いほうであり、部位によっては100gあたりの脂質が20gや30gを超えることもありますので、自宅でチンジャオロースを作るのなら、もも肉のように脂質が低い部位を選んでください。

チンジャオロースを作るときの注意点

ポイントを教える女性

ダイエット中にチンジャオロースを作るのなら、先ほど言ったように低カロリー、低脂質な部位の牛肉を選ぶだけでなく、味を薄めにしたり、油の使用量を抑えるといった工夫もした方がいいでしょう。

味が濃い目になると食欲増進効果が強くなってしまい食べ過ぎが発生しますし、油はすでに話したように使用量がそのまま脂質に影響します。ちなみに、具材を細かくカットすることで、油通しに必要な油を減らすことができますよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.