1. ダイエットレスキュー
  2. 食品バンバンジーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

バンバンジーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

バンバンジー

バンバンジーは食べやすいサイズにカットした蒸し鶏肉やきゅうり、レタスなどを用いて作る四川料理のこと。本場のものは濃い色をしたソースが特徴的ですが、日本のものはゴマペーストのアッサリソースが多いですね。鶏肉やきゅうり、レタスなど明るい色の食材が多いことからフレッシュな印象を与えてくれます。今回はそんなバンバンジーのカロリーや糖質を見ていきましょう。

バンバンジーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはバンバンジーのカロリーから見ていきましょう。

  • バンバンジーのカロリー:156kcal/1人前

バンバンジーは1人前でも200kcal以下ですので、ダイエット中でも口にしやすいでしょう。4人前を口にしたとしても、成人男性の1食のカロリー摂取目安である600~700kcalに収まります。しかも、カロリーが極端に高い材料が使われないことから、上記数字を大幅に超えることも少ないでしょう。

材料カロリー(100gあたり)
鶏肉200kcal
きゅうり14kcal
レタス12kcal

鶏肉がやや高カロリーとはいえ、他の肉類に比べれば確実に低カロリーな傾向にありますし、野菜類については気にせずとも問題ないレベルで低カロリーです。それでいて、レタスなどは栄養が豊富なことから少し多めに投入するのがいいかもしれません。

後は調味料の量次第でしょうか。バンバンジーにはゴマペーストを中心とした調味料を用いますが、これを使いすぎるとカロリーが高くなってしまう恐れもありますので、ほどほどの量にしておきましょう。

バンバンジーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にバンバンジーの糖質を見ていきましょう。

  • バンバンジーの糖質:3g/1人前

味付けなどによって変わるとは思いますが、基本的にバンバンジーの糖質は低めです。1人前で5g以下ですので、低糖質と言って差し支えないでしょう。バンバンジーが低糖質な理由は食材の糖質量からも明らかです。

材料糖質(100gあたり)
鶏肉0g
きゅうり1.9g
レタス1.7g

このように、どの食材も低糖質。鶏肉についてはデータ上で見れば糖質を含まない食品です。そのため、バンバンジーは糖質制限ダイエットにぴったりと言えるでしょう。ソースによる味付けを薄めにしておけば、さらに低糖質にすることも夢ではありませんよ。

ちなみに、バンバンジーのソースは市販もされていますが、これは砂糖などが含まれることから高糖質なことが多いです。糖質を抑えたい場合は、なるべく砂糖などの使用を避け、自分で作るのがいいでしょう。

バンバンジーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にバンバンジーの脂質を見ていきましょう。

  • バンバンジーの脂質:5.8g/1人前

1食の脂質摂取目安が16~20g前後ですので、割合としては1人前で3分の1~4分の1くらいですね。割合でみるとカロリーや糖質より高めに感じますが、この程度であれば脂質が気になる方でも摂取しやすいでしょう。

各材料については以下のようになります。

材料脂質(100gあたり)
鶏肉14g
きゅうり0.1g
レタス0.1g

やはり肉類であることから鶏肉の脂質が高めです。バンバンジーの脂質量は鶏肉に左右されるといっても過言ではないでしょう。ちなみに、鶏肉の脂質が高いのは皮部分を含むからです。皮部分がない鶏肉については100gあたり3.9g程度しか脂質を含みませんので、少しでも脂質を抑えたいと思えば皮なしの鶏肉を使用しましょう。

バンバンジーにはささみがおすすめ

ポイントを教える女性

ダイエット中にバンバンジーを作るなら、ささみの利用がおすすめです。ささみとは鶏むね肉周辺の、カロリーや脂質が低い部位のことで、カロリーは100gあたり105kcal、脂質は100gあたり0.8gしか含まれません。

つまり、バンバンジーにささみを利用することで、カロリーや脂質を大きく抑える効果が期待されるのです。もともと低カロリー、低脂質な部類の料理ではありますが、せっかくならさらにダイエット向けに仕上げましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.