1. ダイエットレスキュー
  2. 食品からあげのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

からあげのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

からあげ

からあげは揚げ物料理のひとつ。本来、からあげは食材を問うことなく使われる名前なのですが、現代的に言えば鶏のからあげを指すことが多いですね。実際、からあげと聞けば10人中9人は鶏のからあげを思い出すでしょう。そこで、今回は鶏肉を用いたからあげのカロリーや糖質を紹介します。

からあげのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはからあげのカロリーを見ていきましょう。

  • からあげのカロリー:290kcal/100gあたり

一般的なサイズのからあげなら3個で100gくらいですね。つまり、6個も食べれば600kcal近くを摂取することになるわけです。対して、成人男性が1食に摂取するカロリーは600~700kcalほどです。からあげ6個ならギリギリセーフですが、そこにご飯などが加わればアウトでしょう。

それでいて、からあげ定食などには5個や6個のからあげが普通に含まれますね。そのため、からあげのカロリーは高いと考えておいてください。からあげのカロリーが高い理由は主に使われる材料のカロリーを見てもらえばわかるでしょう。

材料カロリー(100gあたり)
鶏肉200kcal
醤油71kcal
片栗粉330kcal
サラダ油921kcal

レシピによって変化があるものの、おおむね上記の材料は使用するでしょう。これを見てもらえばわかるように、サラダ油のカロリーが非常に高いです。実際に使用する量は10~15g程度だと思いますが、それでも150kcal前後はあるわけですから、いかに揚げ物のカロリーが高いかわかります。

また、肉類の中では低カロリーなものの、鶏肉のカロリーも決して低くはありませんね。片栗粉や醤油については使用量が少ないため、そう気にせずとも大丈夫です。

からあげは鶏肉を使った料理の中でも特に高カロリーですので、ダイエット中はなるべく摂取を避けるようにしてください。

からあげの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にからあげの糖質を見ていきましょう。

  • からあげの糖質:3.5g/100gあたり

からあげの糖質については、ほぼ片栗粉のものと思っても間違っていません。メインとなる鶏肉やサラダ油については糖質をほとんど含まないのです。そのため、からあげの糖質量は食品全体でみても低いものになっていますね。100gあたり5g以下の糖質であれば、低糖質と言ってしまって差し支えなさそうです。

問題があるとすれば、からあげはご飯と摂取することが多い点でしょうか。定食などの場合、ご飯の糖質が高いことから合計糖質が60gを上回ることもありますので、糖質制限中の方は、なるべく単体での摂取や、低糖質な野菜類との摂取を心がけてください。

からあげの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にからあげの脂質を見ていきましょう。

  • からあげの脂質:23.7g/100gあたり

脂質の摂取目安は1食あたり16~20gですので、からあげの脂質は確実に高いです。そもそも、メインとなる材料2つの脂質が高いわけですからね。完成品が低脂質になるはずもありません。

材料脂質(100gあたり)
鶏肉14g
サラダ油100g

油については脂質の塊ですので、使用量には常に気を配るようにしてください。ちなみに、鶏肉の皮を剥いでおくことで幾分か脂質を抑えられます。皮なしでも問題ない方はぜひ試してみてください。

ノンフライヤーでカロリーを抑える

ポイントを教える女性

からあげはサラダ油を使うからカロリーや脂質が高くなってしまうのです。つまり、ノンフライヤーを使って油の使用を避ければ、カロリーや脂質を抑えることができます。ノンフライヤーで作ったからあげは、からあげじゃないという意見もありますが、カロリーや脂質量が少なくなるのは確かです。

また、ノンフライヤーはからあげ以外にも天ぷらやフライドポテトなど様々な料理に使用できますし、ダイエット支援アイテムのひとつとして購入してみるのもありかもしれませんよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.