1. ダイエットレスキュー
  2. 食品中華丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

中華丼のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

中華丼

中華丼はご飯の上に八宝菜を乗せた料理のこと。八宝菜の八に「たくさん」という意味があることから、中華丼には様々な具材が使用されます。豚肉やイカ、エビ、うずらの卵、たけのこ、にんじん、ネギなどなど。お店によって使用する具材が違うことも多いため、初めての中華料理店に立ち寄った際は中華丼を頼んでみるのも面白いかもしれませんね。

今回はそんな中華丼のカロリーや糖質を紹介します。

中華丼のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは中華丼のカロリーから見ていきましょう。

  • 中華丼のカロリー:166kcal/100gあたり

使用する具材や味付けで変わってくるものの、おおむね上記のような数字でしょう。中華丼はご飯が入ることから重量があり、1人前だと400g前後ありますので664kcalほど摂取することになりますね。これは、成人男性が1食に摂取するとされる600~700kcalにギリギリ収まる数字です。

そのため、女性の方などは1人前まるまる食べてしまうと、カロリーオーバーを起こしてしまうかもしれません。また、大盛りご飯や肉類が多く用いられている場合は、1人前で700kcalを超えることも考えられます、

ちなみに、各材料のカロリーは以下のようになります。

材料カロリー(100gあたり)
ご飯168kcal
豚肉386kcal
イカ88kcal
うずらの卵179kcal
たけのこ26kcal

ネックとなるのは使用量の多いご飯と豚肉あたりでしょう。うずらの卵も高カロリーな方ではありますが、1個当たりの重量が13g前後と軽めなため、そこまで気にする必要はありません。

通常のお椀1杯のご飯は160g前後ですが、中華丼の場合は250g前後は使用すると思うのでご飯だけで400kcalを超えてしまいますね。中華丼のカロリーを抑えたいのなら、ご飯の量を減らすか、豚肉を減らして具材のカロリーを抑える必要がありそうです。

中華丼の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に中華丼の糖質を見ていきましょう。

  • 中華丼の糖質:24g/100gあたり

やはりご飯が使用されることから中華丼の糖質は高めですね。1人前だと96gにもなってしまい、これはスタンダード糖質制限における1食分の目安である糖質40gを大幅に超える数字です。2食分だとしても80g以下ですからね。中華丼を食べるならほぼ1食分の糖質を摂取すると考えておくのがよさそうです。

ちなみに、各材料の糖質は以下のようになります。

材料糖質(100gあたり)
ご飯36.8g
豚肉0.1g
イカ0.2g
うずらの卵0.3g
たけのこ1.5g

この表から読み取れるように、中華丼の糖質のほとんどはご飯によるものです。1人前に使うご飯の量が250gだとすれば、それだけで92gもの糖質量になるわけですからね。味付けによりますが、上記の数字を見れば具材の糖質が4gと言っても何ら不思議はないでしょう。

この理屈から中華丼に限らず、丼料理は全体的に糖質が高めです。糖質制限でダイエットを進めようと考えている方は、中華丼を含む丼料理にはあまり手を出さないようにしましょう。

中華丼の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に中華丼の脂質を見ていきましょう。

  • 中華丼の脂質:4.7g/100gあたり

1人前だと18.8gほどの脂質量になりますから、やや高脂質と言えそうです。一応、1食の脂質摂取目安である16~20g前後には収まるものの、女性の方などは脂質オーバーが懸念されます。

各材料の脂質は以下のようになります。

材料脂質(100gあたり)
ご飯0.3g
豚肉34.6g
イカ1.2g
うずらの卵13.1g
たけのこ0.2g

材料別にみると、脂質が高い原因は豚肉やうずらの卵あたりにあると分かりますね。特に豚肉は非常に高脂質ですので、脂質を減らしたいと考えるなら使用量を抑えるか、脂質が低めの部位を使用しましょう。また、脂質は調理時に用いるサラダ油などの量でも左右されます。

ダイエット中でも中華丼を食べたい時は

ポイントを教える女性

中華丼はカロリーや糖質が高いため、ダイエット中はできるだけ避けたい一品と言えます。ただ、人間、無性に何かが食べたくなることはあるもので。時にはその対象が中華丼ということもあるでしょう。

そんな時、そのままの中華丼を食べてしまうとカロリーや糖質オーバーの危険性がありますので、こんにゃく米などを使用してカロリーや糖質を抑えるようにしてください。また、具材は肉類をやや少なめに。そして、野菜をたっぷり用いてボリューム満点にしておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.