1. ダイエットレスキュー
  2. 食品冷奴のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

冷奴のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

冷奴

冷奴は豆腐を使用した最もシンプルな料理。熱したり揚げたりすることはなく、そのままの豆腐に醤油や鰹節などを乗せていただきます。そんな簡単調理法ながらお酒のお供にぴったりな料理で、仕事帰りの方々には大人気。居酒屋の定番メニューにもなっていますね。今回はそんな冷奴のカロリーや糖質を紹介します。

冷奴のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは冷奴のカロリーを見ていくのですが、実は冷奴に使用される豆腐に決まりはありません。一般的には絹ごしを使うことが多めなものの、木綿豆腐を使うこともしばしば。そして、これら豆腐は種類によってカロリー量が違うため、使用する豆腐の種類によって冷奴のカロリーも変わってきます。

種類カロリー(豆腐100gあたり)
絹ごし豆腐の冷奴66kcal
木綿豆腐の冷奴82kcal

上記の数字は豆腐100gに対してのカロリー量です。冷奴を作成する際に用いる醤油や鰹節など、調味料のカロリーは豆腐1丁に対して約30kcalほどです。つまり、豆腐100gあたりに使用する調味料のカロリーは10kcal前後となりますので、「豆腐100gのカロリー+10kcal」で上記の数字を算出しました。

そのため、上記の数字を3倍にすれば(豆腐1丁は約300g)1丁分のカロリーが出ますね。絹ごしなら198kcal、木綿なら246kcalとなります。これに対して1食のカロリー摂取目安が600~700kcalですので、冷奴のカロリーは低めと言えるでしょう。一般的な摂取量であれば、特に問題はなさそうです。

ただ、お酒と一緒に摂取する場合は飲みすぎにくれぐれも注意してください。ビールは世間一般のイメージ通り、それなりに高カロリーな飲み物です。これを2杯も3杯も飲んでしまえばカロリーオーバーは免れませんよ。

冷奴の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に冷奴の糖質を見ていきましょう。

種類糖質(豆腐100gあたり)
絹ごし豆腐の冷奴2.7g
木綿豆腐の冷奴2.2g

冷奴1丁に使う調味料の糖質がおおむね3g程度ですので、100gあたりだと1gの増加となります。こちらもカロリー同様「豆腐100gの糖質+1g」にしてありますので、3倍にすれば1丁の糖質量が割り出せますよ。

つまり、絹ごし豆腐の冷奴なら1丁あたり8.1g、木綿豆腐の冷奴なら6.6gです。スタンダードな糖質制限では1食あたり40gまで糖質を摂取できますので、糖質も低いと言えるでしょう。

問題があるとすればカロリーと同じくビールなどお酒の摂取でしょうか。種類にもよりますが、中には糖質の高いお酒も数多く存在します。そういったお酒を飲みすぎてしまえば糖質オーバーを引き起こしますので、ほどほどにしておきましょう。

冷奴の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に冷奴の脂質を見ていきましょう。

種類脂質(豆腐100gあたり)
絹ごし豆腐の冷奴3g
木綿豆腐の冷奴4.2g

冷奴の脂質と書きましたが、実は上記の数字は豆腐の脂質そのものです。というのも、冷奴に用いられる調味料はほとんど脂質を含んでいないのです。そのため、脂質の上昇があるにしても豆腐1丁に対して0.1g前後です。

1丁になると絹ごし豆腐が9g、木綿豆腐が12.6gとなり、1食の脂質摂取目安である16~20gにやや迫ってきますので、他のおかずの脂質を考えつつ量を調整してみてください。

ラー油など濃い味付けに注意

ポイントを教える女性

今回のカロリーや脂質量は醤油や鰹節など一般的な味付けを参考に算出しています。そのため、ラー油などカロリーや脂質の高い調味料を用いるなら、当然ながら上記数字とは違ってきます。

最近は冷奴に食べるラー油やキムチなど濃い味付けの食品をかけるのが流行りのようですが、これはカロリーや脂質を高くしがちですので、そういった味付けをするときはカロリーや脂質を再計算するようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.