1. ダイエットレスキュー
  2. 食品かに玉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

かに玉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

かに玉

かに玉は卵にカニなどの具材を混ぜ合わせて作る料理のこと。また、現在はかに玉の素も販売されているため、卵さえ用意すれば誰でも簡単においしいかに玉を作成できます。卵とカニをメインとしたシンプルな料理だけに子供からの人気が高く、忙しい時のおかずとしても重宝します。今回はそんな、かに玉のカロリーや糖質を見ていきましょう。

かに玉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは、かに玉のカロリーから見ていきましょう。

  • かに玉のカロリー:150kcal/100gあたり

種類によりますが、中華料理は100gあたり150kcal前後のものが多いですね。かに玉もその例に違わず、ちょうど100gあたり150kcalとなります。キリがよく覚えやすい数字ですので、記憶にも残りやすいでしょう。ただ、当然ながら味付けや具材の配分などでカロリー量は変化します。

かに玉1人前は300g前後ですので、1人前だと450kcalほど。これに対して1食に摂取できるカロリーが成人男性で600~700kcal前後です。女性でも600kcal程度までなら大丈夫だと思いますので、かに玉1人前だけならダイエット中でも口にできるでしょう。

ただ、ここに他の料理が加わったり、ご飯がセットになるとカロリーオーバーの危険性が出てきます。

ちなみに、各材料のカロリーは以下のようになります。

材料カロリー(100gあたり)
151kcal
かに63kcal
ネギ28kcal
たけのこ26kcal

卵がやや高カロリーですが、他は特に問題ないでしょう。後は調理時に油を使いすぎるとカロリーが高くなりますので、そのあたりに注意しておいてください。

かに玉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、かに玉の糖質を見ていきましょう。

  • かに玉の糖質:4.5g/100gあたり

一般的なレシピと大きくズレがなければ上記のような糖質量だと思います。1人前だと13.5gになりますが、スタンダードな糖質制限では1食で40gまで糖質を摂取できることから、かに玉の糖質は低めと言えるでしょう。ご飯が加わるようなことがなければ、糖質制限中でも安心して食べられます。逆に、ご飯が加わる場合は確実にアウトだと考えてください。

各材料の糖質は以下のようになります。

材料糖質(100gあたり)
0.3g
かに0.1g
ネギ5g
たけのこ1.5g

こうして材料別の糖質を見ると、かに玉の糖質が低い理由がわかりますね。要は、かに玉に糖質の高い材料は含まれていないわけです。もちろん、レシピによっては高糖質な食品を含むこともありますが、糖質が高いのは主食系や芋系が多いため、かに玉の糖質が高くなることは少ないと思います。後は砂糖など糖質の高い調味料の使い過ぎに気を付けてください。

かに玉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に、かに玉の脂質を見ていきましょう。

  • かに玉の脂質:10g/100gあたり

カロリー、糖質と言い感じだったのですが、脂質は残念ながら高いと言わざるえません。1人前だと30gほどですからね。1食分の脂質摂取目安を大幅に超えてしまいます。

各材料の脂質は以下のようになります。

材料脂質(100gあたり)
10.3g
かに0.4g
ネギ0.1g
たけのこ0.2g

メインとなる卵の脂質が高いのがよくありませんね。ただ、かに玉の脂質が高いのは他にも原因があるでしょう。それは、調理時にサラダ油などを多めに用いることです。油類はほぼ脂質の塊ですからね。使用量に応じて脂質がどんどん高くなりますよ。脂質を少しでも抑えたいと考えるなら、油の使用量を控えめにしてください。

天津飯には注意が必要

ポイントを教える女性

かに玉をご飯に乗せたのち、とろみをつけたものを天津飯といいます。かに玉に主食を加えて食べ応えをアップさせた中華料理の定番のひとつですが、ダイエット中なら摂取を避けた方がいいかもしれません。

特に糖質制限でダイエットを進めるならご飯は絶対にNGな食品です。お椀1杯分だとしても55g前後の糖質を持ちますからね。かに玉の糖質は低くとも、天津飯の糖質は1人前で60g以上はありますよ。ご飯が加わるか加わらないかの差が非常に大きいので、ダイエット中の方は意識するようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.