1. ダイエットレスキュー
  2. 食品クリームチーズのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

クリームチーズのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

クリームチーズ

クリームチーズは水分率がやや高めなことから柔らかいのが特徴のチーズ。そのまま食べるよりもパンやベーグルに塗って食べることが多く、時にはサラダやスモークサーモンなどのトッピングとしても利用されます。一般的なチーズに比べて白色をしているのも特徴と言えるでしょう。今回はそんなクリームチーズのカロリーや糖質を見ていきます。

クリームチーズのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはクリームチーズのカロリーから見ていきましょう。今回は他のチーズ類と比較しつつカロリーをチェックします。

チーズの種類カロリー(100gあたり)
クリームチーズ346kcal
カマンベールチーズ310kcal
プロセスチーズ339kcal
エダムチーズ356kcal

こうしてみると、そもそもチーズ類が全体的に高カロリーと分かりますね。そのため、クリームチーズがチーズの中で極端に高カロリーということはありません。ただ、食品全体で見たとき、クリームチーズは確実に高カロリーな部類に入ります。

上記は100gあたりの数字であり、一度にクリームチーズを100gも摂取することは少ないと思いますが、それでも注意はしておくのが無難でしょう。たとえば、パンに30gを塗布しただけでも100kcalオーバー。そこにパンのカロリーが加われば、300kcalや400kcalを超えてしまう恐れもあります。

また、クリームチーズを中心としたスイーツなども高カロリーなことが多いですね。カロリー制限中に摂取するなら少量をそのままか、サラダなどに使うといいかもしれません。

クリームチーズの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にクリームチーズなどの糖質を見ていきましょう。

チーズの種類糖質(100gあたり)
クリームチーズ2.3g
カマンベールチーズ0.9g
プロセスチーズ1.3g
エダムチーズ1.4g

チーズ類の中でみるとやや高糖質に見えますが、食品全体でみれば確実に低糖質な方ですね。野菜類などヘルシーな食品と比べても遜色ない数字ですので、糖質制限ダイエット中でも安心して口にすることができます。

ただ、安心して口にできるのは、あくまでもクリームチーズをそのまま摂取する場合の話です。クリームチーズはパンやベーグルに塗って食べることの多い食品ですが、パン類は基本的に糖質が高く、100gあたり50g前後の糖質を持つことも珍しくありません。

そのため、パンに塗った場合は糖質制限的にみてアウト。糖質制限中ならサラダやスモークサーモンなど低糖質な食品と組み合わせましょう。低糖質なわりに腹持ちが良いという特徴もありますので、うまく活用すればダイエットを助けてくれるかもしれませんよ。

クリームチーズの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にクリームチーズなどの脂質を見ていきましょう。

チーズの種類脂質(100gあたり)
クリームチーズ33g
カマンベールチーズ24.7g
プロセスチーズ26g
エダムチーズ25g

1食に摂取できる脂質の目安量は16~20g前後ですので、残念ながらクリームチーズの脂質は高いと言わざるをえません。使用量が50gだったとしても16.5g程度の脂質があるわけですからね。脂質摂取量が目安を超えないよう、十分に注意する必要がありそうです。

他のチーズ類についても同じく高脂質ですね。クリームチーズよりはやや低めですが、食品全体でみれば高脂質な方ですので気を付けてください。脂質の過剰摂取は肥満につながると言われています。

バターよりはクリームチーズがおすすめ?

ポイントを教える女性

パンにつけるもの代表と言えばバターなわけですが、あれは非常にカロリーが高く100gあたり745kcalもあります。対して、クリームチーズは100gあたり346kcalですので、バターを使うのならクリームチーズの方がいいかもしれません。

脂質も同じくクリームチーズの方が低いですし、バターよりは幾分かダイエット向けだと思われます。また、ジャムなどより低脂質なのもいいですね。ただ、つけすぎればカロリーオーバーなどの心配が出てきますので、常に少量の使用を意識しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.