1. ダイエットレスキュー
  2. 食品シリアルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

シリアルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

シリアル

シリアルはいわゆるコーンフレークのことです。トウモロコシをはじめとした穀物を潰し、シート状にしてから砕いた食品のことで、一般的には牛乳をかけて食べられます。最近は非常に多くの種類が各メーカーから販売されているため、皆さんも一度は口にしたことがあるでしょう。今回はそんなシリアルのカロリーや糖質を紹介します。

シリアルのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはシリアルのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
シリアル381kcal
牛乳67kcal

今回はシリアルに欠かせない牛乳のカロリー等もセットでみていきます。商品によって数字は変わると思いますが、シリアル100gのカロリーはやや高めです。ただ、1食分は40g程度ですので、1食分なら152kcal程度です。ここに200gの牛乳を加えたとしても286kcalほど。

一般的な摂取カロリー量が1食あたり、男性で700kcal前後、女性で600kcal前後ですのでダイエット中だとしても問題なく摂取できるカロリー量と言えるでしょう。シリアルの場合、おかずを別につけることが少ないので多少なら大盛りにしても平気かもしれません。

ただ、砂糖が大量に使用されているものだと上記数字を大きく超えることもあります。甘い食品には罠があるわけですね。カロリー量についてはパッケージで確認できますので、シリアル購入前にはいくつかのパッケージを見比べてみるといいでしょう。そして、その中から低カロリーなものを購入すれば、より安心して口にすることができます。

シリアルの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にシリアルの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
シリアル81.2g
牛乳4.8g

糖質も商品によって異なりますが、基本的にシリアルの糖質は高いと考えてください。というのも、シリアルはトウモロコシ以外にも小麦や米などを加工して作られます。言ってしまえば主食系と変わりませんので糖質が高いのは当然と言えるでしょう。

上記の通りなら重さに対して8割以上も糖質を持つわけですからね。1食に使用する量が40gだとしても約32.5gの糖質量。ここに牛乳200gの糖質量9.6gが加われば、1食で約42gもの糖質を摂取することになってしまいます。

しかし、スタンダード糖質制限中なら1食に摂取できる糖質量は40gまでです。つまり、シリアル1人前だと少しだけ糖質オーバー。少しシリアルの量が多ければ大幅な糖質オーバーの恐れもあるでしょう。

このことから、シリアルは糖質制限にあまり向きません。食べる場合はシリアル自体の量を抑えめにし、足りない分はサラダなどで補うのがおすすめです。

シリアルの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にシリアルの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
シリアル1.7g
牛乳3.8g

カロリーや糖質は高かったものの、脂質については問題なさそうですね。ただ、牛乳のほうは決して低くない脂質量ですので極端なかけすぎは止めた方がいいでしょう。とはいえ、シリアル40gに牛乳200gの一般的な1食分であれば、脂質量は8.3gほど。対して、1食の脂質摂取目安が16~20gですので、よほどの牛乳過多でなければ問題なさそうです。

ただ、商品によっては脂質が高めなこともあるかもしれません。念のため、購入前には脂質もチェックすることをおすすめします。

ダイエット向けシリアルもある?

ポイントを教える女性

今回紹介したのは一般的なシリアルのカロリーや糖質です。数あるシリアル商品の中にはダイエット向けに作られたものもありますので、朝食をシリアルと決めている方は、そういった商品をとりいれてみるといいかもしれません。

たとえば、ある商品は一般的なシリアルに比べて糖質量が25%ほど抑えられているそうです。これなら、牛乳の糖質を含めても何とか糖質制限の目安に収められるかもしれませんね。また、カロリー量も商品ごとに違いますので、気になる方はスーパーや各種公式サイトでカロリーや糖質を見比べてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.