1. ダイエットレスキュー
  2. 食品マカダミアナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

マカダミアナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

マカダミアナッツ

マカダミアナッツはしっとりとした歯ごたえを持つナッツ類のひとつ。味は淡白なものですが、よくチョコレートで包んだり、砕いたのちクッキーに混ぜられたりしますね。意外と需要の高いナッツ類ですので、皆さんも一度は口にしたことがあるでしょう。今回はそんなマカダミアナッツのカロリーや糖質を紹介します。

マカダミアナッツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

マカダミアナッツのカロリーだけで見てしまうと分かりづらいので、今回は他のナッツ類と比較しつつカロリーや糖質が高いのか考えていきましょう。

ナッツの種類カロリー(100gあたり)
マカダミアナッツ720kcal
カシューナッツ576kcal
アーモンド598kcal
ヘーゼルナッツ684kcal

ナッツ類は全体的に高カロリーな傾向にありますが、マカダミアナッツはその中でも特に高カロリー。一般的な成人男性は1食あたり700kcal前後まで摂取できるものの、マカダミアナッツ100gだけはその目安を超えてしまいます。ヘーゼルナッツやアーモンドなどであればセーフです。

とはいえ、ヘーゼルナッツあたりと比べれば極端な差はありませんので、他のナッツ類も併せて注意したいところです。とはいえ、幸いにもナッツ類は1粒1粒のサイズが小さく、マカダミアナッツもその例に漏れません。

アーモンドよりはやや大きめですが、1粒あたり2g程度しかありませんので摂取量にさえ注意すればダイエット中でも口にできるでしょう。食事ではなくおやつなことを考えると、1日あたり5粒くらいがよさそうですね。料理に使うときもやや少なめを意識しましょう。

マカダミアナッツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次はマカダミアナッツの糖質を見ていきましょう。

ナッツの種類糖質(100gあたり)
マカダミアナッツ6g
カシューナッツ20g
アーモンド9.3g
ヘーゼルナッツ6.5g

ナッツ類はカロリーこそ高いものの糖質は低めに設定されています。そのため、糖質制限向けの食品と言えるでしょう。特にマカダミアナッツはナッツ類の中でも糖質が低く、100gあたり6gの糖質しか含まれません。

1粒の重さが2gだとすれば1粒あたり0.1g程度ですので、糖質制限的に考えれば少し多めに摂取しても大丈夫そうです。ただ、脂質の問題などもありますし極端な摂取は避けた方がいいかもしれません。また、チョコレートで包んだものなど、マカダミアナッツの加工品は高糖質なことが多々あります。

クッキーにしてもビスケットにしても小麦粉が使われることから高糖質ですね。マカダミアナッツ自体は糖質制限向けですが、加工品については糖質制限向けでないことを把握しておきましょう。

マカダミアナッツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にマカダミアナッツの脂質を見ていきましょう。

ナッツの種類脂質(100gあたり)
マカダミアナッツ76.7g
カシューナッツ47.6g
アーモンド54.2g
ヘーゼルナッツ69.3g

脂質の基準が分からない方のために説明しておくと、1食に摂取できる脂質量は16~20g前後と言われています。これを上記の表と見比べればわかるように、ナッツ類は全体的に脂質が高く、その中でも特にマカダミアナッツは高脂質です。

そもそも、マカダミアナッツはオイルの圧搾に使われることもある食品ですからね。圧搾したオイルはアロマテラピーにおいてマッサージなどに利用されるようです。話がそれましたね。

とにかく、マカダミアナッツは非常に高脂質ですので、脂質オーバーを起こさないよう摂取量には十分気を付けてください。1粒が2gだとしても、1粒あたり1.5gほどの脂質を含みます。

マカダミアナッツは1日5粒くらいがおすすめ

ポイントを教える女性

マカダミアナッツはカロリーや脂質が高めですので、1日の摂取量を5粒前後に抑えましょう。5粒くらいの摂取であれば、カロリーや脂質も何とか許容範囲内です。それでいて、ビタミンEやカルシウムなど豊富な栄養を補給可能。血糖値上昇を抑える効果があると言われることから、少量の摂取であれば、むしろダイエットに良い効果が期待できるかもしれませんよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.