1. ダイエットレスキュー
  2. 食品バタピーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

バタピーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

バタピー

バタピーはバターピーナッツの略称。その名前からパンなどにつけるクリーム状の食品を想像しがちですが、あちらはピーナッツバターですね。こちらはバターピーナッツであり、ピーナッツの形状そのままにバターで炒ったものを指します。お酒のおつまみとしては定番で、よくコンビニなどでも売られていますね。今回はそんなバタピーのカロリーや糖質を見ていきましょう。

バタピーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはバタピーのカロリーから見ていきましょう。

  • バタピーのカロリー:592kcal/100gあたり

バタピーは1袋で120gくらいと言われています。つまり、1袋だと710kcalにもなってしまいますね。これは、一般的な成人男性が1食に摂取するカロリー量の600~700kcalを少しだけオーバーする数字です。女性だともう少し摂取カロリーの目安が少なくなるため、大幅なオーバーと言ってもいいかもしれません。

そのため、バタピーは重さに対してのカロリーが確実に高いです。1粒1粒の重量は低いことから摂取量を微調整しやすいとは言いますが、食べ始めると意外に止まらないもので、気が付けば1袋まるまる食べてしまった、なんてこともあり得るでしょう。

そう考えると、バタピーはあまりダイエットにおすすめできません。しかも、材料がシンプルなだけにカロリーを抑えるのも難しいです。

材料カロリー(100gあたり)
ピーナッツ562kcal
バター745kcal
0kcal

バタピーはピーナッツをバターで炒って塩をふりかけるだけの簡単な料理ですから、材料は上記くらいのものでしょう。この表からわかるように、バターを使った分、ピーナッツのカロリーが少しだけ増えている感じです。

もしカロリーを抑えるなら材料の段階から見直さなくてはなりませんが、ピーナッツかバターの使用をやめた時点でバタピーというのが難しくなってしまいます。つまり、ダイエット中にバタピーを食べるなら、方法は摂取量を抑えることくらいです。

バタピーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にバタピーの糖質を見ていきましょう。

  • バタピーの糖質:11.3g/100gあたり

スタンダード糖質制限の目安が1食あたり糖質40g以下ですので、糖質についてはそう高くありません。1袋だとしても13.6g前後の糖質量なことから、2袋までなら摂取可能です。ただ、バタピーは食事と別に摂取することが多いため、実際に2袋も食べるわけにはいきませんね。多くても1袋、できれば半分程度に抑えるのがよさそうです。

ちなみに、材料別の糖質は以下のようになります。

材料糖質(100gあたり)
ピーナッツ11.4g
バター0.2g
0g

上記からわかるように、バターを使用することで重さに対する糖質が少しだけ下がっています。つまり、バターの分量を増やせば増やすほど糖質は下がると思われます。とはいえ、極端に変化することはなさそうですね。

バタピーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にバタピーの脂質を見ていきましょう。

  • バタピーの脂質:51.3/100gあたり

1袋だと61.6g前後の脂質量ですね。脂質の摂取目安は1食あたり16~20gと言われますので、バタピーの脂質は非常に高いです。その理由は材料別の脂質を見れば明らかでしょう。

材料脂質(100gあたり)
ピーナッツ47.5g
バター81g
0g

そう、ピーナッツの時点で脂質が高いうえ、バターが重さに対して8割もの脂質を有しているのです。ないとは思いますが、バターの大量投入はしないようにしてください。

バタピーを食べるときの注意点

ポイントを教える女性

バタピーは1粒1粒が小さいことから摂取量を調整しやすく、少量であればダイエット中でも食べることができます。ただ、お酒と一緒に摂取するときは飲みすぎに注意した方がいいでしょう。単純にお酒のカロリーや糖質が気になるのもありますが、アルコールが入ると自制心の欠如からバタピーを食べ過ぎてしまうのです。

そうなれば、カロリーや脂質オーバーは目に見えていますね。くれぐれも、飲みすぎ食べ過ぎは自重してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.