1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カシューナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カシューナッツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カシューナッツ

中南米原産の植物にカシューと呼ばれるものが存在します。そのカシューの種子がカシューナッツですね。食用として有名なナッツのひとつで、塩などで味付けしていただいたり、カレーや炒め物などの料理に使用されます。また、殻部分からはオイルを採取することができ、塗料の原料などに用いられます。今回はそんなカシューナッツのカロリーや糖質を見ていきましょう。

カシューナッツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカシューナッツのカロリーを見ていきましょう。

  • カシューナッツのカロリー:576kcal/100gあたり

ナッツ類なこともありカシューナッツのカロリーは高めです。一般的に1食の摂取カロリーは600~700kcalと言われますので、何も考えずに食べていると簡単にカロリーオーバーをしてしまうでしょう。料理に使う場合も、カシューナッツが原因で大幅にカロリーが上昇します。

重さに対するカロリー量でいえば肉類などを余裕で上回りますからね。くれぐれも摂取量には気を付けましょう。ただ、幸いにもカシューナッツは1粒の重さが1.5gほどしかありません。つまり、1粒なら9kcal程度しかないわけです。

そのため、摂取量の調整は比較的しやすいのではないかと。1回に口に入れる量を1粒にしておけば、極端な食べ過ぎも避けられると思います。「カシューナッツはカロリーが高いものの1粒が軽いことから摂取量に注意すればダイエット中でも口にできる」と覚えておきましょう。

カシューナッツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカシューナッツの糖質を見ていきましょう。

  • カシューナッツの糖質:20g/100gあたり

スタンダード糖質制限中だと1食に摂取できる糖質量が40gまでですね。つまり、ちょうどカシューナッツ200g分です。そう考えると、カロリーよりは幾分か低く感じますね。ただ、ナッツ類は100gあたり糖質10g以下が基本な世界ですので、ナッツ類の中では高糖質な方かもしれません。ちなみに、1粒あたりなら糖質0.3gほどです。

極端に糖質が高いわけではなく、糖質制限中でも十分に摂取可能な糖質量ですが、摂取量には気を付けたいところ。カシューナッツはおやつに摂取することも多いので、食事の糖質との合計が40gを超えないよう、うまく調整してください。また、料理に用いる際は他の食材をなるべく低糖質なものでまとめましょう。

カシューナッツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にカシューナッツの脂質を見ていきましょう。

  • カシューナッツの脂質:47.6g/100gあたり

ナッツ類は脂質が多いことで有名な食品ですね。カシューナッツもナッツ類のひとつですので、当然ながら脂質は高くなります。1粒あたりでも0.7gほど。10粒も食べれば7gの脂質量になりますので、くれぐれも食べすぎには気を付けてください。

脂質の摂取量は1食あたり16~20gですからね。食事の脂質量を抑えず、15粒も20粒も食べてしまえば脂質オーバーになるのは目に見えています。ちなみに、カシューナッツを料理に使うなら油の使用量を減らすのがおすすめ。また、鶏肉を用いるなら先に皮を剥いでおくと、カロリーや脂質を抑えられますよ。

カシューナッツは栄養たっぷり

ポイントを教える女性

カロリーや脂質の高いカシューナッツですが、実はマグネシウムや鉄、亜鉛などの栄養を豊富に含んでいます。

栄養素含有量(100gあたり)
カリウム590mg
マグネシウム240mg
4.8mg
亜鉛5.4mg
食物繊維6.7g

カリウムは余計な塩分を排出する力があると言われますし、マグネシウムはカルシウムとの相乗効果で骨を強くすると期待されています。ほかにも貧血予防に効果が期待される鉄や、不足しがちといわれる亜鉛が豊富ですので、カロリーや脂質が目安を超えない範囲で、少量を摂取していくといいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.