1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ハラミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ハラミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ハラミ

ハラミは牛の内臓肉。つまり、ホルモンの一種ですね。具体的に言うと横隔膜の両側面にある筋肉部分のこと。ちょうど牛の体の中心あたりにある部位だと考えてください。安価なことから焼肉では定番のひとつですね。今回はそんなハラミのカロリーや糖質などを紹介します。

ハラミのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはハラミのカロリーを見てみましょう。

  • ハラミのカロリー:301kcal/100gあたり

次に、他のホルモンのカロリーも調べてみると、以下のようになりました。

部位カロリー(100gあたり)
牛タン269kcal
ハツ142kcal
ミノ182kcal
ハチノス200kcal
センマイ62kcal

こうしてみると、部位によってカロリーが大きく違うと分かります。また、ハラミがホルモンの中で高カロリーなことも分かってしまいますね。焼肉で200gのお肉を食べるとして、全てハラミにしてしまうと602kcal。男性ならともかく、女性だと一食の目安カロリーを超えてしまいそうです。

ホルモンは全体的に、牛肉の中では低カロリーな部類なのですが、ハラミの場合は筋肉としても使うことから話は別のようです。カルビなどに比べれば低いものの、もも肉などに比べて高めですので、カロリーを気にするならくれぐれも食べ過ぎに注意してください。ハラミが好物という方も、たまにはカロリーが低めの部位を選択しましょう。

ハラミの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

まずはハラミの糖質を見てみましょう。

  • ハラミの糖質:0.3g/100gあたり

肉類は全体的に糖質が低めであり、それはハラミも変わりません。

部位糖質(100gあたり)
牛タン0.1g
ハツ0.1g
ミノ0g
ハチノス0g
センマイ0g

こうして他の部位と比べてしまうと、少しだけ高く感じるかもしれませんが、微々たる差ですので気にせずとも大丈夫です。そもそも、糖質制限の目安はスタンダードなもので1食あたり40g。

つまり、味付けをしていないハラミであれば10kg食べても許容範囲なわけです。もちろん、実際にそんな量のハラミを食べてはお腹を壊してしまう恐れがあります。ただ、そのくらいに低糖質という話。糖質制限的に考えるとハラミは非常に優秀な食品です。

ハラミの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーや糖質だけでなく、脂質が気になる方も少なくないはず。ここからはハラミの脂質を見ていきましょう。

  • ハラミの脂質:25.2g/100gあたり

脂質は1日あたり男性なら63g前後、女性なら48g前後に摂取量を抑えたいところ。つまり、カロリーと同じくハラミを200gも食べてしまえば、女性なら目安を超えてしまいます。男性でも残り13gまで減少してしまいますね。ちなみに、他の部位の脂質は以下になります。

部位脂質(100gあたり)
牛タン21.7g
ハツ7.6g
ミノ8.4g
ハチノス15.7g
センマイ1.3g

平均で見るとハラミの脂質を大幅に下回りそうです。脂質の摂取量を少しでも減らしたいのなら、センマイなど低脂質の部位を上手く活用しましょう。カロリーの項目でも話したよう、ハラミだけに偏らないようにしてください。

ハラミは塩でいただこう

ポイントを教える女性

焼肉と言えば焼肉のタレというイメージかもしれませんが、あれは砂糖を多く含むため、カロリーや糖質がやや高めです。それをハラミにドバドバかけてしまえば、100gあたりのカロリーが400kcalを、糖質が10gを超えてしまうようなこともあるかもしれません。

ですので、ハラミを食べる時はなるべく塩を使うのがおすすめ。塩ならカロリーも糖質もほぼ含みませんので、ダイエットにぴったりです。ただ、塩分を多く摂り過ぎると生活習慣病などに繋がると言われています。カロリーや糖質をほぼ含まないからと言って、つけすぎるのはやめておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.