1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ポテトフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ポテトフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ポテトフライ

ポテトフライはジャガイモを細く切って揚げた料理のことです。今や日本の食生活に欠かせない存在のひとつであり、ファーストフード店をはじめとした様々な外食店で提供されています。また、冷凍食品として販売されることも少なくないですね。子供うけがいいことから、お弁当の一品としても使いやすいです。今回はそんなポテトフライのカロリーや糖質を紹介します。

ポテトフライのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはポテトフライのカロリーから見ていきましょう。

  • ポテトフライのカロリー:237kcal/100gあたり

じゃがいも100gのカロリーは76kcalですので、細く切って揚げただけでカロリーが約3倍になっています。もちろん、カロリーが高くなった原因は細切りの方ではなく、油で揚げた、という工程の方でしょう。ご存知の方も多いように油はカロリーの化身ともいえる存在です。

100gあたり900kcal前後を持っており、200gも飲めば1日分のカロリーを摂取できてしまうほどです。じゃがいもを揚げる工程で、そんな油をたっぷり吸収してしまうため、どうしてもポテトフライのカロリーは高くなってしまいます。

ポテトフライのサイズは商品によって異なりますが、通常のMサイズなら120g前後だと思います。つまり、1個あたり284kcalほどです。これ1個で食事を済ませることができるなら非常に低カロリーと言えるのですが、実際はハンバーガーやナゲットなどがセットになるわけですから、カロリーは高めと考えておきましょう。

ポテトフライを食べつつカロリーオーバーを避けるなら、ハンバーガーなどはなしにして、サラダとセットにするのがよさそうです。

ポテトフライの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にポテトフライの糖質を見ていきましょう。

  • ポテトフライの糖質:29.3g/100gあたり

糖質もカロリーに負けず劣らずの高さです。ただ、糖質については揚げた揚げないよりも原材料が原因でしょう。じゃがいもは高糖質で有名な食品です。この糖質量に対して、スタンダード糖質制限中の摂取目安は1食あたり糖質40g以下となります。

ポテトフライMサイズが1個で35.2gの糖質を持つと考えると、残りは4.8g。これだけの糖質量だと食べられる食品はかなり限られてきます。このことから、ポテトフライは糖質制限に向かないと考えてください。

ポテトフライの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にポテトフライの脂質を見ていきましょう。

  • ポテトフライの脂質:10.6g/100gあたり

油はカロリーの化身でありつつ、脂質の塊ですから、当然ながらポテトフライの脂質は高くなります。1食に摂取する脂質の量を少なめの16gに見積もったとして、ポテトフライMサイズ1個の脂質が約12.7gですから、残りは3.3gほど。野菜類などなら脂質をほとんど含まないので、サラダの追加なら問題なさそうですが、ハンバーガーなどは確実にアウトでしょう。

結局のところ、ポテトフライはカロリーも糖質も脂質も高めの食品ということです。「ダイエット中は食べ過ぎ厳禁」と覚えておいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.