1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ハツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ハツのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ハツ

ハツは心臓のことですね。動物が生きていく上では欠かせない内蔵であり、牛や豚のハツは焼肉や串焼き、煮込みなど。鶏のハツは焼き鳥などに利用されます。また、他にもカレーや炒め物など多彩な料理に利用されるようです。今回はそんなハツのカロリーや糖質、脂質などを紹介します。

ハツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは牛、豚、鶏。それぞれのハツのカロリーを見てみましょう。

ハツの種類カロリー(100gあたり)
牛ハツ142kcal
豚ハツ135kcal
鶏ハツ207kcal

鶏肉は牛や豚に比べてカロリーが低めとされますが、ハツの場合は鶏肉が最も高カロリーですね。唯一、100gあたり200kcalを超えています。ただ、ハツだけだと基準が分かり辛いので、他の内臓系のカロリーも見てみましょう。

部位カロリー(100gあたり)
牛ハラミ301kcal
牛ハチノス200kcal
豚シロ179kcal
鶏砂肝94kcal

この表からも、鶏肉のカロリーが低めと分かりますね。また、鶏ハツが内臓系の中ではやや高カロリーなことも分かってしまいました。鶏ハツだけを300gも食べてしまえば、カロリーオーバーの危険性が出てきますので、焼き鳥屋などで食事をする時は気を付けてください。

また、牛ハツや豚ハツも決して低カロリーとは言えません。他の部位と共に食べ過ぎてしまえば、当然ながらカロリーオーバーの可能性が出てきますので注意しましょう。ただ、ハラミなど高カロリーな部位を食べるのなら、ハツの方がよさそうですね。

ハツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にハツの糖質を確認してみましょう。

ハツの種類糖質(100gあたり)
牛ハツ0.1g
豚ハツ0.1g
鶏ハツ0g

カロリーとは違い、今度は鶏ハツが最も低い数字。データ上で見る限り、鶏ハツにはほぼ糖質が含まれません。また、牛ハツや豚ハツも100gあたり0.1gと非常に低い数字ですので、糖質については特に気にせずとも大丈夫でしょう。ちなみに、他の内臓系の糖質は下記のようになります。

部位糖質(100gあたり)
牛ハラミ0.3g
牛ハチノス0g
豚シロ0g
鶏砂肝0g

ここから分かるように、そもそも肉類は糖質が低く、糖質制限にぴったりと言える食材です。調理時に砂糖を大量に使うなど、糖質を増やす原因を作らなければ糖質制限中でも安心して口にできますので、ぜひ有効活用してみてください。ちなみに、鶏ハツを焼き鳥でいただくときは、タレよりも塩がおすすめ。タレは甘めの味付けで糖質が高いことも多いのです。

ハツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

気になるハツの資質も確認しましょう。

ハツの種類脂質(100gあたり)
牛ハツ7.6g
豚ハツ7g
鶏ハツ15.5g

脂質もカロリー同様、鶏が最も高い数字となってしまいました。他に比べて2倍以上も脂質を含みますので、気になる方は鶏ではなく牛や豚ハツにしておくのがいいでしょう。なお、他の内臓系の脂質は下記のようになります。

部位脂質(100gあたり)
牛ハラミ25.2g
牛ハチノス15.7g
豚シロ13.8g
鶏砂肝18.3g

こうしてみると、ハツは全体的に脂質が低めと分かります。とはいえ、食べ過ぎてしまえば脂質過多になる恐れもありますので、ほどほどにしておきましょう。

ハツは鉄分補給にぴったり

ポイントを教える女性

冒頭で話したように、ハツは心臓であることから鉄分が多く含まれています。

ハツの種類鉄分(100gあたり)
牛ハツ3.3mg
豚ハツ3.5mg
鶏ハツ5.1mg

1日に必要な鉄分の量が男性で10mg、女性で12mgと言われていますので、鶏ハツを100gほど食べれば半分程度が補えますね。流石にハツだけで必要分を補うのは難しいかもしれませんが、鉄分不足解消の助けになるのは確かでしょう。特に女性は鉄分不足から貧血を起こしやすいと言われますので、心当たりのある方はハツで鉄分を補ってみてください。

また、鉄分はレバーにも多く含まれます。ハツとレバーを上手く活用して鉄分不足を解消しましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.